ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > フォトニュース(平成29年度)

フォトニュース(平成29年度)

掲載日:平成29年6月7日(水曜日)

gyuunyuu

gyuunyuu

kinenshasin 

6月は牛乳月間!県産牛乳と“乳和食”で健康寿命を延ばそう!

 6月の「牛乳月間」に合わせて,6月7日(水)に広島県牛乳普及協会の皆さんが教育長を訪問し,教育長に県内小中学校での出前授業の取組や「乳和食」を紹介するとともに,県産牛乳乳製品を贈呈しました。

 「乳和食」とは,味噌や醤油などの伝統的調味料に,「コク味」や「旨味」を有している牛乳を組み合わせることで,食材本来の風味を損なわずに食塩を減らし,美味しく和食を食べてもらう調理法です。

 協会の皆さんは,
「和食は美味しいですが,塩分が多くなりがちです。牛乳を使って減塩すれば,健康寿命を延ばせるのではと期待しています。」
と「乳和食」をPRしました。

 教育長は,
「和食に牛乳を使うというのは意外ですね。教育委員会では,「ひろしま給食100万食プロジェクト」を実施しています。応募作品の中に,牛乳を使ったデザートはありますが,料理も出てくるとおもしろいですね。」
と「乳和食」の広がりに期待を寄せました。

 また,試飲用の牛乳を一気に飲み干した教育長は,
「やっぱり美味しいですね。」
と,県産牛乳を絶賛しました。

 最後に,教育長から協会の皆さんに,日頃の学校給食への協力に感謝の意を表するとともに,自筆の色紙をプレゼントしました。

ページトップへ 一覧のページへ