ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > フォトニュース(平成28年度)

フォトニュース(平成28年度)

掲載日:平成29年3月27日(月曜日)

受領の風景

集合写真 

「広島県こども夢基金」への寄附受領式を行いました

 広島県公立学校校長会連合会の退会者から「広島県こども夢基金」への寄附の申し出があり,3月27日(月),教育長室で寄附受領式を行いました。

 「広島県こども夢基金」は,子供たちが大きな夢を持って健やかに成長できるよう,様々な活動を県民総参加で支援するために創設されました。同連合会から本基金への寄附は平成15年度から行われており,これまでに14,040,000円の寄附を頂いています。

 寄附金を受け取った教育長は,

「「広島県こども夢基金」が,子供の夢を育む体験活動を企画・実施する若者を支援するようになって3年が経ちましたが,今年度は初めて,高校生の団体からの申請に対しても,助成することができました。書類作成や企画・運営において不慣れな点がありながらも,様々な人々と協力し,自ら課題発見・解決を繰り返しながら活動に取り組む姿勢は,まさに本県が目指す能動的で深い学びである「主体的な学び」そのものです。」

「皆様からの子供たちへの熱い思いをしっかりと受け止め,有効に活用して参ります。」

と,お礼の言葉を述べました。

「広島県こども夢基金」のページはこちら

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成29年1月17日(火曜日)

gift

fuku
kinen

 

高陽高校とカラニ高校(ハワイ州)が姉妹校交流について報告

 1月16日(月),高陽高校の校長とカラニ高校の副校長等が教育長を訪問し,両校の姉妹校交流について報告しました。

 高陽高校とカラニ高校は,平成23年度からの県立学校海外交流推進事業において,最初に姉妹校提携を行い,平成24年度以降,毎年相互に訪問し,これまでに高陽高校は6回(延べ100名),カラニ高校は5回(延べ約70名)訪問団を派遣し,交流を深めています。 

 カラニ高校の副校長は,「高陽高校と姉妹校交流を行えることを誇りに思っています。これからも両校の交流が続くことを願うとともに,関係者の皆様の御支援に感謝しています。」と姉妹校交流の継続についての意気込みを語るとともに感謝の気持ちを伝え,記念品を贈呈しました。また,週末の大雪について同副校長は,「ハワイであれだけの雪を見ることはないので,生徒たちは大喜びでした。初めて雪を見る生徒も何人かいました。」と生徒たちの様子を報告しました。

 高陽高校の校長は,「今回訪問している15名の生徒は,すべてホームステイで受け入れることができています。高陽高校の生徒がハワイを訪問した時も,同様にすべてホームステイで受け入れてもらっており,関係者の御支援に感謝しています。ホストファミリーと一緒に生活して交流することは非常に有意義です。」などと交流の様子を話しました。

 教育長は,
「両校が非常にいい関係を築かれていることを嬉しく思います。引き続き,たくさんの生徒が相互に訪問することにより,さらに交流が深まることを願っています。」
と今後の交流の発展に期待を寄せ,記念品と自筆の色紙をプレゼントしました。

⇒高陽高等学校ホームページ


ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成28年12月8日(木曜日)

第60回広島県科学賞表彰式及び広島県科学賞60周年記念行事が行われました

 第60回広島県科学賞の表彰式が,平成28年11月19日(土)に,広島県健康福祉センターで行われ,学校賞,研究作品賞特選,特別賞及び優秀指導者賞の受賞者が表彰されました。また,広島県科学賞60周年記念行事も実施され,特選受賞生徒2校5名による研究成果発表と広島大学大学院生物圏科学研究科 教授 長沼毅 氏による講演も行われました。

【表彰式の様子】

受賞者の皆さん
受賞者の皆さん


 次の学校が,学校賞を受賞しました。

広島県知事賞 呉市立阿賀小学校
< 広島県知事賞 >
呉市立阿賀小学校

広島県議会議長賞 広島県立府中高等学校
< 広島県議会議長賞 >
県立府中高等学校

広島県教育委員会賞 呉市立広南中学校
< 広島県教育委員会賞 >
呉市立広南中学校


【60周年記念行事の様子】
 特選受賞生徒による研究成果発表

呉市立広南中学校
呉市立広南中学校

県立府中高等学校
県立府中高等学校


 広島大学大学院生物圏科学研究科 教授 長沼 毅 氏による講演
広島大学大学院生物圏科学研究科教授 長沼毅 氏による講演


 ⇒ 第60回広島県科学省審査結果等(報道提供資料28.11.15)はこちら

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成28年11月17日(木曜日)

知事

教育長

視察

オーストラリア連邦クイーンズランド州との教育交流を深化!

 県教育委員会とオーストラリア連邦クイーンズランド州は,平成25年3月に「教育分野の協力に関する覚書」を締結し,姉妹校交流や短期留学プログラムの開発・実施において交流を深めてきました。

 県立高校2校が姉妹校交流を行っているほか,12月にはSTEM(※)研修の一環として,クイーンズランド州から理系の選抜生徒が広島県を訪問し,県立高校等で交流や研修を行うこととしています。
※STEM:Science,Technology,Engineering,Mathematics(科学・テクノロジー・工学・ 
        数学)を包括的に扱う教育

 11月15日(火),アナスタシア・パラシェ首相が県庁を訪れ,知事と懇談しました。
 知事は,
 「平素から教育交流についてサポートしていただき,心から感謝申し上げます。」
と述べ,引き続き生徒や教員の交流についての協力を求めました。

 知事との懇談後,教育長と「教育分野の協力に関する覚書」の更新を行い,今後の交流促進及び共同プロジェクトの実施について,意見交換を行いました。
 その後,平和記念公園での献花及び平和記念資料館の視察を行いました。

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成28年11月16日(水曜日)

交付式の様子

記念撮影

広島県無形文化財「日本刀製作技術」保持者認定式を行いました

 11月16日(水),10月27日に広島県無形文化財「日本刀製作技術」の保持者に認定された,久保 善博(くぼ よしひろ)さんに対する認定書交付式を,教育長室で行いました。
 
 久保さんは,
 「これまでの長い取組が評価されたことで,今まで周りで支えてきてくれた人たちが喜んでくれていて,それが非常に嬉しいです。」
 「これからは,この賞に恥じぬよう取り組んでいくとともに,後継者の育成に励んでいきます。」
 と話しました。

 教育長は,
 「このたびは誠におめでとうございます。」
 「今後も技の発展に御精進いただき,伝統技術の普及にお努めいただくことで,地域文化・本県文化の発展に寄与していただければと思います。」
 と話しました。


ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成28年10月17日(月曜日)

教育長を訪問

議長を訪問

知事を訪問

リオ五輪 水泳競技金メダリストの金藤理絵選手が表敬訪問

 10月14日(金),リオ五輪の日本代表選手として水泳競技女子200m平泳ぎに出場し,金メダルを獲得した金藤 理絵(かねとう りえ)選手が,教育長,議長及び知事を訪問しました。

 教育長からメダルについて質問された金藤選手は,
 「意外と重たくて,もらったとき,びっくりしました。」
 と述べました。
 教育長は,メダルを手渡されると
 「ズシッときますね。」
 と感想を述べ,
 「素晴らしい活躍でしたね。本当におめでとうございます。」
 と話しました。
 金藤選手が,
 「地元の庄原のみなさんにも沢山応援していただいて嬉しかったです。」
 と感謝の気持ちを伝えました。 
 議長は,
 「これからも頑張ってください。期待しています。」
 と激励しました。
 知事から決勝直前の心境を質問された金藤選手は,
 「不安はありましたが,勝つイメージができていたので,緊張せず挑めました。」
 と述べました。
 知事は,
 「広島に誇りをもたらしてくださり,ありがとうございます。これからも応援しています。」
 と話しました。


ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成28年10月7日(金曜日)

作品名「ウインク」

写真作品「ウインク」モデル(右)と撮影者(左)

記念撮影

教育長室掲出写真モデルの生徒と撮影者を教育長が招待しました

 ‐【経緯等】‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 約11年前,庄原格致高等学校写真部の生徒が撮影した写真作品「ウインク」が,数年前寄贈され,以来,教育長室に掲出しています。

 9月13日(火),教育長がハワイ州教育訪問団の表敬訪問を受けた際,その模様を放送したNHKのニュース番組において,教育長室に掲出している写真作品「ウインク」が映りました。そのニュース番組を観た写真のモデルとなった少女の御家族から,県教育委員会に,教育長室への写真作品掲出に対する感謝の思いを記したメールが送られてきました。

 教育長が,現在高校生に成長されたモデルの少女を招待したいと,10月6日(木),今回の場がつくられました。

 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 写真と対面した,写真作品「ウインク」モデル 三次高等学校 2年 平田 羽乃(ひらた うの)さんは,
 「こんなに大きな写真だったんですね。恥ずかしいですが嬉しいです。」
 「自慢になります。ありがとうございます。」
 と感想を述べ,教育長は,
 「面影がありますね。とても良い表情です。この写真を見ると,とても元気になるんですよ。」
 と話しました。

 サプライズゲストとして,撮影者の藤原 典子(ふじわら のりこ)さん(撮影時 庄原格致高等学校写真部 2年)にもお越しいただきました。

 藤原さんは,
 「こんな場所に飾られていたなんて驚きました。なんだか不思議な気持ちです。ありがとうございます。」
 「あのときの女の子が,私が撮影したときと同じ年になっていたんですね。」
 「撮影したときのまま,可愛らしくて,明るく立派になられていて嬉しいです。」
 と,話しました。

 教育長は,
 「今回の出来事を大変嬉しく思います。本当にありがとうございました。」
 と話しました。


ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成28年9月14日(水曜日)

知事

議長2

教育長

ハワイ州教育訪問団が表敬訪問

 県内の高校生や大学生等のハワイ留学促進を目的にハワイ州教育訪問団が来広し,9月12日(月)にスタディ・ハワイ・セミナーを開催するとともに,同日に知事及び議長,9月13日(火)に教育長を訪問しました。
 知事は訪問団に対して,これまでの交流に対する多大な支援に感謝の意を表明するとともに,
「来年の広島県とハワイ州の友好提携20周年に向け,若い世代の人的交流や文化,経済など幅広い分野での交流を一層深めていきたいと考えています。」
と抱負を語りました。
 訪問団は,「広島県とハワイ州の交流が一層進展することを望みます。」
と応えました。 
 議長は,
「オバマ大統領の広島訪問により,核廃絶に向けた新たな世界平和へのステージがスタートしている。こうした中,広島とハワイの教育交流は,世界的にも重要な役割を果たすものと考えています。」
と交流の意義を強調しました。

 教育長は,
「生徒の交流に加えて,教員の交流にも積極的に取り組んでいきたいので,一層の交流が進むようお互いのパートナーシップの強化に向けて協力をお願いします。」
と今後の更なる連携強化を求めました。
 その後,「学びの変革」の取組やグローバルリーダー育成校の設置構想について説明を受けた訪問団は,
「大変素晴らしい取組であり,効果が期待でき楽しみです。教員の研修については,全面的にバックアップさせていただきます。」
と述べるなど,今後の連携強化の方向性について確認しました。

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成28年9月5日(月曜日)

知事

メダル

教育庁

リオ五輪 陸上競技銀メダリストの山縣亮太選手が表敬訪問

 9月2日(金),リオ五輪の日本代表選手として陸上競技男子4×100mリレーに出場し,銀メダルを獲得した山縣亮太(やまがた りょうた)選手が,知事及び教育長を訪問しました。

 山縣選手は,「職員の皆さんに温かく出迎えてもらって嬉しいです。リオでも広島ですごく沢山の方に応援してもらっているのを知っていたので嬉しかったです。」と感謝の気持ちを伝えました。 
 知事は,
「リオでの活躍は素晴らしかったですね。いろんな思いが詰まったメダルは重たいですね。」
と祝福しました。

 教育長は,メダルを手渡されると
「ズシッときますね。」
と感想を述べ,
「第一走者のプレッシャーはものすごかったのではないですか。すごい精神力ですね。」
と労いました。
 山縣選手が,
「9秒台を出せるようにこれからも頑張ります。」
と抱負を述べると,
 教育長は,
「これからも頑張ってください。期待しています。」
と激励しました。


ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成28年7月28日(木曜日)



訪問団

記念撮影

「2016ひろしま総文」総合開会式に参加する,4か国の訪問団が副知事を表敬訪問

 第40回全国高等学校総合文化祭「2016ひろしま総文」総合開会式の国際交流ステージでは,広島県が招へいした中華人民共和国,アメリカ合衆国,メキシコ合衆国の3か国と後催県が招へいする大韓民国による発表が行われます。

 それに先立ち,7月28日(木),各国訪問団の団長と生徒代表が広島県副知事を表敬訪問しました。


 [訪問団]
   中華人民共和国訪問団(四川省内江市第七中学)
   アメリカ合衆国訪問団(モアナルア高等学校,プレジデント・セオドア・ルーズベルト高等学校)
   メキシコ合衆国訪問団(サンフランシスコ・デ・リンコン高等学校・グアナファト大学附属イラプアト高等学校)
   大韓民国訪問団(大眞(テジン)女子高等学校)

 副知事は,
 「ようこそ,広島県へ。短い滞在期間ですが,広島県の高校生との交流を深めていくとともに,広島県を存分に楽しんでください。」
 と話しました。

 訪問団は,
 「お互いの文化交流がさらに深まることを願っています。」
 「広島県は平和を世界に発信している都市。交流により,平和の大切さを実感し,学んでいきたいです。」
 「伝統文化を学び合い,多くの友人を作ることを楽しみにしています。」
 と話しました。

 [参考リンク]
 ・2016ひろしま総文ホームページ

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成28年7月13日(水曜日)

懇談

記念撮影

リオ五輪 男子サッカー日本代表選手が知事を表敬訪問しました

 7月11日(月),男子サッカー日本代表選手として出場する,サンフレッチェ広島の2名の選手が,知事を表敬訪問しました。

 塩谷 司(しおたに つかさ)選手
 浅野 拓磨(あさの たくま)選手

 浅野選手は,
 「(雰囲気に)惑わされずにやり遂げます。」
 塩谷選手は,
 「自分にできることをしっかりとやってきます。」
 と話しました。 

 知事は,
 「注目度も高いので,ぜひ頑張ってきてください。」
 「サンフレここにありというのをしっかり示してきてください。」
 と激励しました。


ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成28年7月11日(月曜日)

懇談

集合

リオ五輪 陸上競技日本代表の山縣亮太選手が知事を表敬訪問

 7月6日(水),リオ五輪の日本代表選手として陸上競技男子100mに出場する山縣亮太(やまがた りょうた)選手が,知事を訪問しました。
 山縣選手は,前回のロンドン五輪に続き,二度目の出場となります。

 山縣選手は,
「4年前と比べ,今は心身ともに充実しています。自己ベスト更新と決勝進出を目標に,頑張りたいです。」
と抱負を語りました。
 知事は「頑張ってください。」と激励しました。


 【平成28年度の主な成績】
   ・第50回記念織田幹雄記念国際陸上競技大会 100m第1位
   ・セイコーゴールデングランプリ陸上2016川崎 100m第2位
    ・布勢スプリント2016 100m第1位(自己ベスト更新10.06)
    ・第100回日本陸上競技選手権大会 100m第2位

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成28年7月11日(月曜日)

知事

議長

教育次長

リオ五輪 女子ホッケー日本代表選手が表敬訪問

 7月5日(火),女子ホッケー日本代表「さくらジャパン」に選出されたコカ・コーラウエスト レッドスパークスの5名の選手が,知事,議長及び教育次長を訪問しました。

 小野真由美(おの まゆみ)さん
 三橋亜記(みつはし あき)さん
 湯田葉月(ゆだ はづき)さん
 西村綾加(にしむら あやか)さん
 錦織えみ(にしこおり えみ)さん

 小野さんは,「チームも私個人も気持ちが高まってきています。目標はメダルをとることです。」と話しました。 
 知事は,
「おめでとうございます。ぜひメダルを持って帰ってきてください。」
と激励しました。
 議長は,
「皆さんの活躍を期待しています。」
と述べ,教育次長は,
「健康に留意されて,しっかり頑張ってください。」と選手たちの活躍に期待を寄せました。


ページトップへ 一覧のページへ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)