ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > フォトニュース(平成25年3月)

フォトニュース(平成25年3月)

掲載日:平成25年3月28日(木曜日)

こども夢基金寄附受領式

子ども夢基金への寄附受領式

 「広島県こども夢基金」への寄附受領式を行いました

 広島県公立学校校長会連合会の退会者から「広島県こども夢基金」への寄附の申し出があり,3月26日(火),教育長室で寄附受領式を行いました。

 「広島県子ども夢基金」は,県民総参加のもと,子どもたちが大きな夢を持って,健やかに成長するために,子どもの夢を育む様々な活動を支援しています。

 同連合会から当該基金への寄附は,平成15年度から行われており,今回の寄附(92万円)により,累計1,000万円を超えました。

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成25年3月26日(火曜日)

最終報告書を手交

最終報告書を手交

 「広島県における今後の高等学校教育の在り方について」最終報告書を教育長へ手交しました

 3月22日(金),広島県における今後の高等学校教育の在り方を検討する協議会において取りまとめられた最終報告を,本協議会の坂越会長が教育長に手交しました。

 本協議会は昨年の4月に教育委員会から,広島県における今後の高等学校教育の在り方について諮問を受け,「本県を支える人材とはどういう人材か」「そうした人材を育成するための高等学校教育のあるべき姿とは何か」などについて9回の審議を重ね,最終報告を取りまとめました。

 教育長は報告書を受け取り,「県民を代表した各委員の方が意見を出して討議して作成したこの報告書を踏まえ,来年度に策定を予定している『今後の県立高等学校の在り方に係る計画』について,しっかり検討します。」と話しました。

 → 各回の議事録・配布資料や最終報告書の内容等についてはこちら

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成25年3月7日(木曜日)

教育分野の協力に関する覚書を締結

教育分野の協力に関する覚書を締結
オーストラリア連邦クイーンズランド州の教育省教育旅行担当課長(左から2番目)と同政府駐日事務所商務官(右端)

 豪の州政府教育省と教育分野の協力に関する覚書を締結しました

 3月6日にオーストラリア連邦クイーンズランド州政府教育省職員が来広し,広島県教育委員会との間で教育分野の協力に関する覚書を締結しました。今後,姉妹校提携や教育旅行,留学についてお互いに協力して取り組んでいき,相互交流や相互理解を進めていきます。

 この覚書は,現在行っている教育旅行や姉妹校提携などをもっと拡大していきたいと考えた同州教育省側から提案されました。広島県教育委員会として外国の自治体と覚書を締結するのは今回が初めてのことです。

 「交流がさらに発展するようしっかり協力していきたいです。」と,同州の教育省教育旅行担当課長。教育長は「今回の覚書の締結をきっかけとして,ますます学校の交流が進むことを期待しています。」と話し,覚書に署名しました。

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成25年3月1日(金曜日)

ワクワク学び隊
ポスターセッションの様子

ワクワク学び隊
意見交流の様子

 平成24年度「ワクワク学び隊」実践交流会を開催

 2月27日(水),県庁講堂で,放課後子ども教室で活動する大学生ボランティアチーム「ワクワク学び隊」の実践交流会を開催しました。
 会場には,大学生ボランティア,県内の放課後子ども教室関係者,大学関係者の総勢104名が一堂に会し,ワクワク学び隊の活動を中心に,放課後子ども教室の活動の充実に向けて,交流しました。

 ポスターセッションでは,大学生が,自分たちの活動を創意工夫を凝らしたポスターにまとめ,来場者に積極的に説明しました。放課後子ども教室関係者と,活動の詳細について,質疑応答が行われ,交流が深まりました。
 また,グループに分かれての意見交流では,これまでの活動の成果,活動上の悩みなどについて,大学生が積極的に発言し,それに対して,放課後子ども教室関係者や大学関係者がアドバイスをするなど,活発な意見交流が行われました。

 今後も,放課後子ども教室の充実に向けて,大学生ボランティアチーム「ワクワク学び隊」の活躍が期待できる会となりました。

 → 大学生ボランティアチーム「ワクワク学び隊」の派遣についてはこちら

ページトップへ 一覧のページへ