ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > フォトニュース(平成24年4月)

フォトニュース(平成24年4月)

掲載日:平成24年4月24日(火曜日)

特別講演(斎藤清和)
(特別講演(斎藤清和氏))

ひろしまマイスターによる実演・指導
(ひろしまマイスターによる実演・指導)

 「ものづくり高校生マイスター育成事業」広島県大会対策第1回セミナーの開催

 4月21日(土)に,県立広島工業高等学校において,平成24年度「ものづくり高校マイスター育成事業」広島県大会対策第1回セミナーを開催しました。
 県立高等学校の生徒など8校・約750名が参加し,極小の切り出し技術等で町工場を経営している「ミクロの職人」こと斉藤清和氏(株式会社入曽精密代表取締役社長)による特別講演を行いました。「次世代ものづくりシステムについて」と題した講演の中で,斉藤氏は「何事にも果敢に挑戦し,積極的な失敗は成功につながっていく。」と力説されました。
 また,講演に引き続き,部門別(旋盤作業,電気工事,電子回路組立,化学分析,木材加工,測量)に,ひろしまマイスター等による実演,技能指導を行いました。

 → 「ものづくり高校生マイスター育成事業」

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成24年4月16日(月曜日)

壁画
(壁画)

教育長を訪問
(教育長訪問)

 被災地に壁画を贈呈した三原市の児童が教育長を訪問

 三原市の児童が,復興を願って描いた壁画を,平成24年4月4日(水)に気仙沼市に贈呈し,翌4月5日(木),児童代表らが下崎教育長を訪問し,報告しました。
 壁画は約1.9m四方の大きさがあり,平成23年の夏休みに児童11人が1ヶ月かけて描き,「被災地のために何かしたい」という思いから,現地に届けたものです。
 絵には「東日本がんばれ地球」というメッセージが記されています。
 子どもたちは,壁画の写真や,気仙沼市で開かれた贈呈式で披露した作文を紹介するとともに,現地で感じたことを教育長に報告しました。

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成24年4月9日(月曜日)

教育長表敬訪問

宮島工業高等学校ボート部が教育長を表敬訪問

 4月5日(木)に,平成24年3月22日(木)~25日(日)に行われた,第23回全国高等学校選抜ボート大会男子ダブルスカル種目で優勝した県立宮島工業高等学校ボート部の野本耕司選手(中央) ,矢野哲圭選手(左から2番目)が下崎教育長へ成績報告を行いました。
 キャプテンの野本選手は「昨年度,インターハイ,国体と準優勝が続いていたので,今回,優勝できて良かった。」,また,U-19日本代表候補選手でもある矢野選手は「競ることを避けて,最初から飛ばして行った。」と大会を終えての感想を述べました。
 最後に,監督の中野教諭(右から2番目)が「宮島工業高等学校創立50周年記念の年にあたり,OBにいい報告ができる。」と締めくくりました。

ページトップへ 一覧のページへ