ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > フォトニュース(平成24年3月)

フォトニュース(平成24年3月)

掲載日:平成24年3月27日(火曜日)

寄附金の受領式

 「広島県こども夢基金」への寄附受領式を行いました

 広島県公立学校校長会連合会の退会者から「広島県こども夢基金」への寄附の申し出があり,3月26日(月),教育長室で寄附受領式を行いました。
 「広島県こども夢基金」は,県民総参加のもと,子どもたちが大きな夢を持って,健やかに成長するために,子どもの夢を育む様々な活動を支援しています。
 同連合会から当該基金への寄附は,平成15年度から行われており,これまでに,多大な貢献をいただいています。

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成24年3月23日(金曜日)

絆コンサート
(コンサート)


教育長表敬訪問
(教育長表敬訪問)

 被災地の生徒とともに本県生徒がコンサートを実施

 3月18日(日),東日本大震災で被災した岩手県立大槌高校の吹奏楽部の生徒が,広島を訪れ,本県の生徒とともにコンサートを行いました。
 昨年3月に,県内の公立高校・特別支援学校の生徒が学用品を集め,支援物資として大槌高校に送り,同年4月,本県を代表し福山誠之館高校と黒瀬高校の生徒が,大槌高校を訪れ支援活動の手伝いや同校との交流を行いました。
 これをきっかけに,支援活動の仲立ちをした特定非営利活動法人AMDAから,「大槌高校の生徒を広島に招き,コンサートを行うことで,広島の生徒たちに感謝の気持ちを伝えたい。」という提案があり,本県としても「生徒たちの「『被災地のことを忘れず今も応援している』という思いを伝える場にしたい。」ということで,両県生徒が協力し,このコンサートが開催されることとなりました。
 コンサートでは,大槌高校吹奏楽部の演奏をはじめ,福山誠之館高校チアガール部の演技や,黒瀬高校の和太鼓部・安古市高校吹奏楽部の演奏に加え,大槌高校と安古市高校の合同演奏と,それぞれの思いのこもった演技・演奏が行われ,最後は,会場一体となり来場者全員による合唱で幕を閉じました。
 また,本県の生徒たちは,運営スタッフとしても活躍し,コンサートが,楽しく,滞りなく進むよう支えていました。
 続く3月19日(月)には,大槌高校の生徒たちは教育長を訪問し,支援やコンサート協力についての謝意を伝え,さらにコンサートのほかにも広島滞在で感じたこと等を話しました。

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成24年3月13日(火曜日)

三原小学校
(三原小学校)


土堂小学校
(土堂小学校)

 教育委員が学校訪問

 教育委員が,より多くの学校等の状況を見て,広く取組状況や課題等を把握するため,随時,学校訪問を行っています。
 3月9日(金)に二宮委員長職務代理者が三原市立三原小学校及び尾道市立土堂小学校を訪問しました。
 両校とも,校長等から学校の概要や取組状況について説明を受け,意見交換を行うとともに,授業の様子を参観しました。
 三原小学校では,3年生の社会科の授業で地域の方を招き,子どものころの暮らしについてインタビューをしながら学習する様子を参観しました。
 土堂小学校では,卒業を控えた6年生が,土堂っ子太鼓を練習する姿を見ることができました。

ページトップへ 一覧のページへ