ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > フォトニュース(平成24年2月)

フォトニュース(平成24年2月)

掲載日:平成24年2月29日(水曜日)

落合中学校
(落合中学校)

 教育委員が学校訪問

 教育委員が,より多くの学校等の状況を見て,広く取組状況や課題等を把握するため,随時,学校訪問を行っています。
 2月28日(火)に平谷教育委員が広島市立落合中学校及び広島市立可部中学校を訪問しました。
 両校の学区は,県が実施する「心の元気を育てる地域支援事業」の推進地域に指定されており,地域や校区内の小学校と連携した体験活動等の取組の状況について校長等から説明を受け,意見交換を行うとともに,授業の様子を参観しました。 

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成24年2月29日(水曜日)

黒瀬特別支援学校
(黒瀬特別支援学校)

豊田高等学校
(豊田高等学校)

 教育委員長が学校訪問 

 教育委員が,より多くの学校等の状況を見て,広く取組状況や課題等を把握するため,随時,学校訪問を行っています。
 2月22日(水)に平田教育委員長が県立黒瀬特別支援学校及び県立豊田高等学校を訪問しました。
 両校とも,校長等から学校の概要や取組状況について説明を受け,意見交換を行うとともに,授業の様子を参観しました。
 黒瀬特別支援学校では,調理実習,清掃実習や木工実習など,作業学習に真剣に取り組む姿を見ることができました。
 豊田高等学校では,生徒代表2名と将来の進路について意見交換をしました。

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成24年2月23日(木曜日)

実験試験(化学)
(実験試験(化学))


表彰式
(表彰式)

 「平成23年度広島県科学オリンピック」の開催

 2月18日(土),県立広島高等学及び県立教育センターにおいて,「平成23年度広島県科学オリンピック」を開催しました。
 高校生の科学に対する関心,理数系分野への学習意欲の一層の向上を図るとともに,論理的思考力・判断力・表現力等の育成を図ることを目的として実施している事業の締めくくりの行事として実施しました。
 各分野で金賞(広島県知事賞)を受賞した生徒が所属する学校は,次のとおりです。
○物理・生物・情報:県立広島国泰寺高等学校
○地学:県立広島高等学校
○化学・数学:広島学院高等学校
 なお,この行事は,本年度から実施される「科学の甲子園全国大会(独立行政法人科学技術振興機構主催)」の県代表校の選抜を兼ねており,広島学院高等学校が,県代表校として3月24日(土)~26日(月)に兵庫県で開催される全国大会に出場することとなりました。

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成24年2月23日(木曜日)

子ども司書

 「子ども司書」養成講座活動報告及び「子ども司書」認証式の開催

 2月18日(土),東広島市中央生涯学習センターにおいて,「子ども司書」養成講座活動報告と「子ども司書」認証式を開催しました。
 活動報告では,代表児童の6人が,読み聞かせやポップ作りなどの活動から学んだことを報告しました。
 また,認証式では,141人の児童が,「子ども司書」に認証されました。
 子ども司書は,読書が好きな小学校5・6年生を募集し,養成講座の受講により県教育委員会が認証するものです。今後,学校や地域で読書の楽しさや大切さを広めるリーダーとなることが期待されます。
  

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成24年2月21日(火曜日)

童謡の一人歌い
(自分の書いた色紙の前で童謡の
一人歌いを披露してもらいました。)

 教育委員が学校訪問 

 教育委員が,より多くの学校等の状況を見て,広く取組状況や課題等を把握するため,随時,学校訪問を行っています。
 2月16日(木)に大野教育委員が東広島市立河内小学校を訪問しました。
 校長等から学校の概要や取組状況について説明を受け,意見交換を行うとともに,授業の様子を参観しました。
 また,河内小学校では,和文化教育の一環として童謡の一人歌いに取組んでおり,各学年から一人ずつ,持ち歌を披露してもらいました。どの児童も,大きな声で堂々と歌ってくれました。

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成24年2月14日(火曜日)

広島県教育賞受賞者
(広島県教育賞受賞者)

広島県教育奨励賞受賞者
(広島県教育奨励賞受賞者)

 平成23年度広島県教育賞及び広島県教育奨励賞の表彰式を行いました 

 2月13日(月),平成23年度広島県教育賞及び広島県教育奨励賞の表彰式を行いました。
 教育賞は,学校教育,社会教育,体育・スポーツ,地域文化,教育行政のそれぞれの分野において,功績が特に顕著なものを県教育委員会が表彰するもので,今回は,10人の方が受賞されました。
 教育奨励賞は,教育賞と同様の分野において,成果等が他の模範として推奨できるものを県教育委員会が表彰するもので,今回は16人の個人及び6団体が受賞されました。

 →教育賞及び教育奨励賞の受賞者一覧 (PDFファイル)(356KB)

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成24年2月8日(水曜日)

広島県知事賞
(広島県知事賞)

広島県教育長賞
(広島県教育長賞)

 「ものづくり高校生マイスター育成事業」広島県知事賞・広島県教育長賞の表彰式を行いました 

 2月7日(火),「ものづくり高校生マイスター育成事業」広島県知事賞・広島県教育長賞の表彰式を行いました。
 「ものづくり高校生マイスター育成事業」では,工業高校等の生徒に対し,高校生ものづくりコンテスト全国大会等への入賞を目指し,技能向上のためのセミナー等を開催しました。
 このセミナー等を受講した生徒のうち,「高校生ものづくりコンテスト中国地区大会」で優勝を飾り,東京都で開催された全国大会に出場した生徒(3人)について,広島県知事賞が授与されました。
 また,「高校生ものづくりコンテスト広島県大会」で優秀な成績を収め,中国地区大会に出場した生徒(17人)については,広島県教育長賞が授与されました。

 →被表彰者一覧はこちら (PDFファイル)(13KB)

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成24年2月8日(水曜日)

発表会

発表会

 「高校生の『起業家精神』育成事業」ビジネスプラン発表・審査会及び起業活動実践発表会の開催 

 2月4日(土),県情報プラザ(広島市中区)において,「高校生の『起業家精神』育成事業」ビジネスプラン発表・審査会及び起業活動実践発表会を行いました。
 ビジネスプラン発表・審査会では,ビジネスプラン作成セミナーに参加し,起業に係る基本的なスキルを身に付けた県立高等学校15校の生徒たちが,受講等を通して作成したビジネスプランを発表しました。また,発表されたビジネスプランを,ベンチャー企業経営者や学識経験者等が審査し,来年度の起業活動実践校10校を決定しました。
 起業活動実践発表会では,昨年度ビジネスプランを作成し,今年度,起業活動を実践している県立高等学校11校10グループの生徒たちが,活動状況等を発表しました。

 →ビジネスプラン発表等の概要についてはこちら (PDFファイル)(86KB)

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成24年2月1日(水曜日)

平田教育委員長
(平田教育委員長)

大野教育委員
(大野教育委員)

 教育委員が広島県高等学校教育研究・実践合同発表会に参加 

 1月30日(月),平田教育委員長と大野教育委員が,県庁講堂及び県庁内会議室で開催された広島県高等学校教育研究・実践合同発表会に参加しました。
 平成23年度に文部科学省等及び県教育委員会から事業の指定を受けた高等学校のうち,53校がこれまで推進してきた研究・実践について発表しました。
 平田教育委員長は,全体発表と7分科会,大野教育委員は,5分科会に参加し,研究・実践の成果を聴きました。

ページトップへ 一覧のページへ

掲載日:平成24年2月1日(水曜日)

全体発表会
(全体発表会)

分科会
(分科会)

 広島県高等学校教育研究・実践合同発表会の開催 

 1月30日(月),県庁講堂及び県庁内会議室で,広島県高等学校教育研究・実践合同発表会を開催しました。
 平成23年度に文部科学省等及び県教育委員会から事業の指定を受けた高等学校のうち,53校がこれまで推進してきた研究・実践について発表しました。
 発表会を通して事業成果を広く県内の高等学校に還元し,研究・実践の一層の充実・発展を図りました。
 なお,発表事業及び学校数は,次のとおりです。
 (1) トップリーダーハイスクール支援事業   5校
 (2) チャレンジハイスクール支援事業     15校
 (3) ステップアップハイスクール支援事業   17校
 (4) ものづくり高校生マイスター育成事業   2校
 (5) 高校生の「起業家精神」育成事業     11校
 (6) 普通教室におけるICT活用重点指定校事業 20校
 (7) スーパーサイエンスハイスクール支援事業 2校
 (8) 確かな学力の育成に係る実践的調査研究  1校
 (9) 教育課程研究指定校事業         1校
 (10) 地域等の課題に応じた教育課程研究事業 1校
    「伝統文化教育実践研究」


 →事業の概要と発表校はこちら (PDFファイル)(103KB)

ページトップへ 一覧のページへ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)