ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > フォトニュース(平成23年9月)

フォトニュース(平成23年9月)

掲載日:平成23年9月28日(水曜日) 

県立歴史博物館で世界遺産 京都・清水寺展が開催されている様子  県立歴史博物館で「世界遺産 京都・清水寺展-その秘仏と至宝-」を開催

 福山市にある県立歴史博物館で,特別展「世界遺産 京都・清水寺展―その秘仏と至宝―」が9月24日(土曜日)に開会しました。
 開会のセレモニーには,多数のお客様に御出席いただき,その後の展示解説会では,清水寺の加藤眞吾学芸員の解説により,秘仏で国の重要文化財である三面千手観世音菩薩坐像や豊臣秀吉の願文など,普段清水寺に行っても見ることのできない至宝の数々を御覧いただきました。
今回の展示は,中国地方で初公開となります。お誘いあわせの上,是非御来場ください。会期は10月23日(日曜日)までです。

→広島県立歴史博物館のホームページ

掲載日:平成23年9月27日(火曜日)

広島県高等学校ロボット競技大会の開催している様子 広島県高等学校ロボット競技大会の開催

 9月25日(日曜日)に,高校生が自作ロボットの技術や性能を競い合う「第19回広島県高等学校ロボット競技大会」が,市立広島工業高等学校において開催され,県内9校14チームが参加しました。
 その結果,上位4チーム(優勝「JOSUI15-A(如水館高等学校),第2位「JOSUI15-B(如水館高等学校),第3位「Deep Sscarlet電子(総合技術高等学校),第4位「インテズロボ(宮島工業高等学校)」)が,12月16日(金曜日)・17日(土曜日)に鹿児島県で開催される全国大会に出場することになりました。


掲載日:平成23年9月14日(水曜日)

「観光甲子園」グランプリ受賞の油木高等学校生徒が教育長を訪問 「観光甲子園」グランプリ受賞の油木高等学校生徒が教育長を訪問

 8月21日(日曜日)に開催された,第3回「観光甲子園」においてグランプリ「観光庁長官賞」を受賞した県立油木高等学校の生徒が,9月7日(水曜日)県教育委員会下崎教育長を表敬訪問しました。
 「観光甲子園」は,高校生の視点で地域の魅力を再発見しながら企画・立案した「観光プラン」を全国から募集する大会で,油木高校は応募総数72校の中からグランプリに選ばれました。
 生徒たちは,耕作放棄地を花畑にし,そこで養蜂を行うことで,観光資源や特産品を作るという「花咲く神石高原町・ミツバチの里夢プラン」について発表しました。
 慣れない作業に苦労しながらも,地域の人たちと協力して,プランを作り上げてきた生徒たちは,今後も地域の活性化のためにがんばりたいと意気込みを語っていました。


掲載日:平成23年9月12日(月曜日)

教育長表敬訪問の様子 県立高陽高等学校がアメリカ合衆国ハワイ州立カラニ高等学校と姉妹校提携

 県立高陽高等学校がアメリカ合衆国ハワイ州立カラニ高等学校と姉妹校提携を行いました。これは,国際的視野やコミュニケーション能力を持ったグローバル人材の育成を進めるために,県教育委員会が今年度新規事業として実施している「県立学校海外交流推進事業」の一環で,提携第1号となるものです。
 9月1日(木曜日),両校の関係者(高陽高等学校は松尾校長ほか1名,カラニ高等学校はミッチェル・オータニ校長ほか2名)が,下崎教育長を表敬訪問しました。
シェリーアン・スズキ副校長から下崎教育長へレイが贈られ,記念品交換の後,和やかな歓談の時間となりました。
(教育長表敬訪問)

姉妹校提携調印式の様子

翌2日(金曜日),高陽高等学校において,教員や生徒約900人が見守る中,両校の間で姉妹校提携調印式が行われました。
 今後は,短期,長期の生徒の相互派遣のほか,インターネット等を使って交流を深めていく予定です。


(姉妹校提携調印式)

掲載日:平成23年9月12日(月曜日)

教育委員長が大竹中学校を訪問している様子

 教育委員長が学校訪問

 県教育委員会では,教育委員に,より多くの学校の現状を見て,広く取組状況や課題等を把握してもらうため,随時,学校訪問を行っています。
 9月7日(水曜日),平田教育委員長が県立大竹高等学校及び大竹市立大竹中学校を訪問し,校長等から学校の概要や取組状況の説明を受けるとともに,授業を参観しました。
 両校とも,静かで落ち着いた環境の中で熱心に学習に取り組む様子が見られました。


掲載日:平成23年9月2日(金曜日)
全大会開会式の様子 第59回日本PTA全国研究大会ひろしま大会の開催

 8月26日(金曜日),27日(土曜日)に,「きんさい!みんさい!やりんさい!子どもたちの笑顔のために がんばろう日本!平和な未来へ~ひろしまからの発信~」をテーマに,第59回日本PTA全国研究大会ひろしま大会が開催され,全国のPTA会員約8,200人が集いました。
 26日は,県内9市町10会場において,組織運営,家庭教育,地域連携など,テーマごとに分科会が開催されました。
(全体会 開会式) 

全大会アトラクションの様子27日は,広島グリーンアリーナにおいて,全体会が開催されました。アトラクションは,迫力溢れる安芸高田市立美土里中学校神楽同好会による神楽。また,講師に乙武洋匡さんをお迎えしての記念講演や原田真二さんによる復興支援コンサートが行われ,最後は会場に集った全国のPTA会員による「Believe(ビリーブ)」の大合唱で大会の幕を閉じました。
 この大会を通して,PTAとして,子どもたちの笑顔あふれる未来と東日本大震災による被災地の一日も早い復興を願うとともに,被災地への継続的な支援を誓い合いました。


(安芸高田市立美土里中学校神楽同好会)

分科会 研究討議の様子

分科会 研究討議の様子
(舞台の書は,アトラクションでの熊野
町立熊野東中学校書道部による「大書」)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。