ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > フォトニュース(平成22年1月)

フォトニュース(平成22年1月)

掲載日:平成22年1月29日(金曜日)

江の川流域の漁撈用具(重要有形民俗文化財)

漁撈用具の写真

 県立歴史民俗資料館で「江の川 瀬・渕の民俗-川と生きる-」展が開幕

 1月29日(金曜日),県立歴史民俗資料館(三次市小田幸町)で平成21年度冬の展示会「江の川 瀬・渕の民俗-川と生きる-」が開幕しました。

 浅くて流れが速い「瀬」や深くて複雑な流れの「渕」は,川漁師にとっては大切な漁場であり,川舟輸送に当った船頭にとっては難所でした。

 展示会では,江の川流域に約700か所もあるこうした瀬や渕の漁撈用具などを展示し,川と共に生きてきた人々が瀬や渕を舞台として生み出した漁撈文化や舟運など,県北の河川文化を紹介します。

 展示会は3月22日(月曜日)まで開催しています。

県立歴史民俗資料館のホームページ

フォーラムの様子

 広島県人権教育実践交流フォーラム開催

 1月27日(水曜日),県立総合体育館(広島市中区基町)で広島県人権教育実践交流フォーラムを開催しました。

 このフォーラムは,県内市町の人権教育行政担当者等を対象に,効果的な指導者養成のあり方や学習意欲を高める参加体験型学習プログラムの開発,普及方策について研鑽を深めるため,毎年開催しています。

 第6回目となる今回は,市町教育委員会担当者や教職員,社会教育施設職員など90人余りが参加し,「参加体験型学習はむずかしくない!?」と題した講話・演習や「『気づきのある学び』をめざして」と題した実践発表等が行われました。

(参考)→人権尊重の心を育てる教育のページ

掲載日:平成22年1月25日(月曜日)

(写真は市町教育長会議)

会議の写真

県立学校長と市町教育長に改めて教職員の服務規律の確保を要請

 1月20日(水曜日)に県立学校長会議を,1月22日(金曜日)に市町教育長会議を開催しました。

 榎田好一教育長は,湯崎英彦知事が掲げた「五つの挑戦」の一つである「人づくりへの挑戦」や県総合計画「元気挑戦プラン」を踏まえた,学力の定着・向上,特別支援教育の充実など平成22年度の施策の方向性及び教職員の資質向上について説明しました。

 教職員の資質向上を求める中で,昨年末に「不祥事根絶対策専門家会議」から受けた提言を踏まえ,各学校での「不祥事防止委員会」の設置など教職員の服務規律の確保に向けた取組について,改めて要請しました。

 →不祥事根絶対策専門家会議提言

掲載日:平成22年1月15日(金曜日)

ポスターの写真

県立歴史博物館で「写真で見るふるさとの鉄道-電車今昔-」展を開催中

 福山市西町の県立歴史博物館で,開館20周年記念冬の展示「写真で見るふるさとの鉄道-電車今昔-」を開催しています。

 この展示では,県内を走っているJR在来線や新幹線の車両,駅舎の移り変わり,路面電車利用者数が全国一の広島電鉄,かつて尾道市内や呉市内を走っていた尾道鉄道・呉市電の様子などを写真で紹介しています。

 会期は1月24日(日曜日)までです。

 →県立歴史博物館のホームページ


掲載日:平成22年1月8日(金曜日)

訪問の様子

教育長室に展示の絵画を制作した生徒が教育長を訪問

 教育長室に飾られている絵画を制作した県立広島北特別支援学校高等部1年生の星野雅人君が,母親の奈々美さん,弟の魁人君,担任で制作の指導をした部家光成教諭と榎田好一教育長を訪問しました。

 県立広島北特別支援学校では,高等部1年生全員が,美術の授業で一人一作品の油絵を制作しています。星野君は,いろいろなサイを色彩豊かに描き,作品名は「サイの楽園」。

 最初は緊張していた星野君も,榎田教育長から「ありがとう」と声を掛けられると,笑顔で絵の解説をしていました。

(参考)→県立広島北特別支援学校のホームページ

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。