ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > フォトニュース(平成21年7月)

フォトニュース(平成21年7月)

掲載日:平成21年7月30日(木曜日)

イングリッシュ・キャンプの様子

 中学生を対象に「イングリッシュ・キャンプ」を実施

 7月26日(日曜日)~28日(火曜日)の2泊3日の日程で「イングリッシュ・キャンプ」を実施し,英語への興味・関心が高い中学校2・3年生182人が参加しました。

 「イングリッシュ・キャンプ」では,参加者同士の日常会話も原則として英語で行われるとともに,英語での寸劇やクイズ大会,外国語指導助手とのコミュニケーション活動が行われるなど,英語に慣れ親しむ3日間となりました。

 ほとんどの参加者から,「もっと英語を勉強したい」などの感想がありました。

掲載日:平成21年7月16日(木曜日)

(稲亭物怪録 県立歴史民俗資料館蔵)

稲亭物怪録

 県立歴史民俗資料館で「三次の妖怪ものがたり」展を開催中
 県立歴史民俗資料館(三次市小田幸町)で夏の展示会「三次の妖怪ものがたり」を開催しています。

 「稲生物怪録」は,江戸時代に三次を舞台として描かれた妖怪物語ですが,多くのバリエーションがあり,さまざまな形で伝えられています。

 広島県内に残る「稲生物怪録」絵巻の世界を通して,当時の人々の生活や,ものの見方,考え方を紹介します。

 この展示会は,三次市歴史民俗資料館の「山口敏太郎氏妖怪コレクション展」,三次市ワイナリー文化交流館の「稲生物怪物語展」との連携事業で,3つの展示会とも8月30日(日曜日)まで開催します。

広島県立歴史民俗資料館ホームページ

掲載日:平成21年7月8日(水曜日)

創立100周年記念プレイベントの様子

 県立西条農業高等学校の創立100周年記念プレイベントで平田教育委員が記念講演

 来年度,創立100周年を迎える県立西条農業高等学校(東広島市)で7月4日(土曜日),その1年前イベントとして「あぐりフェスティバル」が開催されました。

 観光農園会長でもある平田克明県教育委員が,生徒や教職員等を対象に「農業高校で何を学ぶのか-私の経営理念-」と題した記念講演を行いました。

 また,中学生や地域の方々に学校での学習内容を広く知ってもらうため,2・3年生による研究発表や,中学生の授業体験,実験・実習施設や農場の見学,生徒が実習で作った野菜や食品の販売等が行われました。

(参考)→県立西条農業高等学校ホームページ

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。