ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > フォトニュース(平成21年11月)

フォトニュース(平成21年11月)

掲載日:平成21年11月25日(水曜日)

表彰式の様子

第53回広島県科学賞決定

 第53回広島県科学賞を決定し,11月20日(金曜日),県立教育センター(東広島市八本松)で表彰式を行いました。

 表彰式では,特選を受賞した県立府中高等学校のグループなど12組の児童生徒や学校賞を受賞した江田島市立大古小学校など3校の代表者に表彰状などを贈呈しました。

 特選作品のうち,中・高等学校の6作品は日本学生科学賞の中央審査に出品されます。

 広島県科学賞は,科学研究を奨励し,児童生徒に問題解決方法を習得させるとともに,創造力を育成することなどを目的に設けられた賞です。

掲載日:平成21年11月18日(水曜日)

学校訪問の様子

県教育委員が学校訪問

 「ひろしま教育ウィーク」の一環として,6人の県教育委員がそれぞれ県内の公立学校を訪問し,授業参観等を行いました。

 二宮皓委員長職務代理者は,本年度から職業コースを設置した県立広島北特別支援学校(広島市安佐北区)と県立千代田高等学校(北広島町)を訪問。

 県立広島北特別支援学校では,校長から学校の概要について説明を受けた後,職業コースの生徒のパン作りや包装等の作業学習を見学したり,教職員や児童生徒と一緒に昼食をとり,意見交換等を行ったりしました。

(参考)→県立広島北特別支援学校のホームページ

掲載日:平成21年11月11日(水曜日)

(加茂岩倉遺跡出土銅鐸)(国宝・文化庁蔵)

銅鐸の写真

 県立歴史民俗資料館で「古代の出雲と吉備の名宝-青銅と鉄と玉と-」展を開催中
 三次市小田幸町の県立歴史民俗資料館で,秋の特別企画展「古代の出雲と吉備の名宝-青銅と鉄と玉と」を開催しています。

 古代に独自の文化を作り上げた出雲と吉備の中間に位置する中国山地は,両者をとりもつ重要な役割を果たしていました。

 広島県北部の中国山地をキーワードに,古代の出雲と吉備の優れた文化財を一堂に展示し,出雲と吉備,そして中国山地の古代史を紹介します。会期は11月23日(月曜日・祝日)まで。

 →県立歴史民俗資料館のホームページ

 福山市西町の県立歴史博物館では「平家一門の栄華と瀬戸内海-海原を駆けぬけた清盛の夢-」展を開催中。会期は同じく11月23日(月曜日・祝日)まで。

県立歴史博物館のホームページ

掲載日:平成21年11月6日(金曜日)

(福山市立千田小学校金管バンドクラブの活動発表)
福山市立千田小学校金管バンドクラブの活動発表の様子

「ひろしま教育の日」フォーラム開催

 11月1日(日曜日),福山市緑町公園屋内競技場ローズアリーナで「ひろしま教育の日」フォーラムを開催しました。

 本年度は広島県PTA研究大会等との合同開催であり,県・市町,学校,PTAなどの多くの教育関係者が出席しました。
 開会式,県内小・中学校PTAの実践発表,県立戸手高等学校筝曲部など音楽関係部の活動発表等が行われ,開会式では,県教育委員会の大野徹教育委員や県議会文教委員会門田峻徳委員長があいさつや祝辞の中で,新たな「教育県ひろしま」の創造に向けた取組への理解・協力を呼びかけました。

「ひろしま教育の日」
 県民総参加による教育改革の推進を目指し,平成13年に条例により制定。今年で9年目となります。

 毎年,フォーラムの開催や啓発ポスター・チラシの作成・配布等を行い,市町等でも関連事業が実施されています。

 また,「学校へ行こう週間」では,保護者や地域住民など40万人を超える多くの県民が学校を訪問しています。

「ひろしま教育の日」関連イベント

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。