ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 可愛地区登下校ボランティア

可愛地区登下校ボランティア

安芸高田市立可愛小学校 

概要

 平成16年11月に、「可愛の子どもたちの安全を見守っていこう」という地域の方の声で、「登下校ボランティア」がスタートしました。

児童の登校時刻と下校時刻にあわせて、約60人のボランティアの皆さんが、交代で子どもたちの安全を見守ってくださっています。

多くの方々の熱いまなざしによって子どもたちの安全が守られています。

内容

毎朝・毎夕

 夏の暑い日も、冷たい雨の日も、子どもたちのために通学路に立ってくださいます。

 ボランティアの皆さんがいてくださるおかげで、子どもたちは安心して登下校ができます。

登下校ボランティアの様子
登下校ボランティアの様子

子どもたちとのつながり

  朝、学校に向かっているときに、「気をつけてね。」と、言ってもらって、「今日も一日がんばろうと元気がでた。」と言う子がいます。

 急に雨が降ってきたときには、「かさをかしてあげようか?」と、声をかけてもらった子どももいます。

 ボランティアの皆さんは、子どもたちの安全だけでなく、心の成長も見守ってくださっています。

12月21日 登下校ボランティアの会

 ボランティアの皆さんに集まってもらい,意見交流をしました。いくつか意見を紹介します。

  • 「子どもたちのあいさつがとても良くなりました」
  • 「子どもから逆に元気をもらって若返りました」
  • 「携帯電話を使って、リレー式に子どもの安全を見守っています」

 「本気で可愛の子どもたちを見守っていこう」というボランティアの皆さんの気持ちが伝わってくる会でした。

 最後に「可愛の子どもたちの安全を確実に守るにはまだまだメンバーが不足している。今後も幅広く呼びかけて,無理のない範囲で,息の長い取り組みにしていこう。」ということを確認して,会を終了しました。

登下校ボランティアの会の写真
感謝の会の写真

3月14日 感謝の会

  日々子どもたちの安全を守っていただいている事に感謝する会を開きました。

 当日来ていただいたボランティアの方は16名でした。

最初に,6年生の代表の子どもが感謝の言葉を述べ,次に5年生がお一人お一人に手作り感謝状を,4年生がプレゼントを手渡しました。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。