ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 防犯研修会

防犯研修会

広島県立廿日市高等学校

概要

  不審者が学校に侵入した事を想定し,教職員がいかに行動すればよいかを研修しました。

  1. 日時 平成17年6月22日(水曜日) 14時00分~16時00分
  2. 講師 廿日市警察署員
  3. 対象 本校教職員,近隣高校教職員(宮島工業高校,廿日市西高校)
  4. 内容 想定(1)「不審者の侵入を察知した事務職員の動き」
        想定(2)「生徒登校時(校門指導教員配置中)の不審者侵入」
        想定(3)「不審者が授業中の教室に侵入した時の動き」

内容

想定(1)「不審者の侵入を察知した事務職員の動き」

実技訓練の写真

  • 不審者が事務室前を素通りする(本来は,受付にて来校者の手続きをする。)
  • 事務室職員が不審者を発見し,声を掛ける(不審者は無視する。)
  • 事務職員が追いかける(不審者と問答)
  • 事務長,校長への連絡
  • 周りの教職員に連絡(校内緊急放送)「○○先生は○○○」「不審者侵入○○○」
  • 生徒の安全確保
  • 必要なら110番通報

 想定(2) 「生徒登校時(校門指導教員配置中)の不審者侵入」

実技訓練の写真 実技訓練の写真

  • 指導教員による声掛け
  • 生徒の安全確保
  • 刺股による実技訓練(事務室2本,生徒指導室2本 計4本)
  • 廿日市署員の指導を受けた後,4グループに分かれて実際にやってみる

 想定(3) 「不審者が授業中の教室に侵入した時の動き」

教室前

  • 不審者が誰にも気づかれずに3-1教室前まで到達,侵入
  • 授業中の教師の対応(不審者との位置取りに注意)
  • 校内への不審者侵入の伝え方(隣3-2での授業者との連携)連絡
  • 校内緊急放送
  • 不審者が凶器を所持している場合の対処(机・椅子の使用)
  • 生徒の安全確保
  • 管理職の動き

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。