ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広域下校指導・防犯研修

広域下校指導・防犯研修

広島県立安芸府中高等学校

概要

 広域下校指導

 安芸府中高校では、生徒の登下校時の安全を確保するために教職員が通学路に立ち、保護者と共に広域の下校指導を集中的に行っています。登下校通学路のポイントに保護者と教職員が立ち、「交通マナーの向上」と「あいさつの習慣化」、「不審者からの保護」という3つの効果をねらいとしたものです。安芸府中高校は団地内にある事から、下校時に下り坂を自転車でスピードを出して走る生徒がおり、自転車による事故の防止も兼ねて、広域下校指導を行っています。

防犯研修

 昨今の学校での不審者による傷害が相継ぐ中で、本校では一早く「刺す又」を購入し、教職員の防犯研修を実施しました。東警察署で研修を受けてきた本校教職員が他の教職員に対して教示するとともに、警察からの助言をいただきながら研修を行いました。今後も校内で研修を重ね、緊急時に生徒を守る体制を整えていきたいと考えています。各HR教室にはホイッスルが設置してあり、何かあった時には笛を吹くようになっていますが、不審者侵入時の対応について生徒の訓練も必要であると考えています。

内容

 広域下校指導

指導の様子

 学校内外を問わず、誰でも挨拶が出来る生徒が育っています。交通安全の腕章を付け「交通ルールを守る」マナーを呼びかけながら広域下校指導を行っています。

防犯研修

研修の様子

 講義・講話などの説明だけでなく,実際に教職員が不審者役になって「刺す又」や椅子を使って実演するとイメージも浮かびやすく、同僚が実習するのを見て自分たちにも何かできそうな勇気がうまれてきました。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。