ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 吉和地区 ふれあいみまもり散歩

吉和地区 ふれあいみまもり散歩

尾道市立吉和小学校

概要

 「地域の子どもを自分たちで守っていこう。」「ふれあいを深めていこう。」と、「吉和地区社会福祉協議会」「老人会」「町内会長」などのメンバーが中心になって、平成16年4月から始まった『吉和地区ふれあいみまもり散歩』。

 毎週月曜日~金曜日まで,児童が下校する午後3~5時頃に緑のたすきを付けて通学路を散歩をしていただいています。児童たちも見かけると挨拶をし,今ではすっかり顔なじみになり,将来の夢を語ったり,雨の日には家の近くまで送ってもらったりすることもあります。

 このふれあいが元になり,様々な活動が生まれ,児童の安全確保だけでなく,つながりも深まっています。

内容

出発式の写真
〈ふれあいみまもり散歩 出発式〉
平成17年4月7日(木曜日)尾道警察署からも来ていただき,今年度の「ふれあいみまもり散歩」の出発式を行いました。

緑のたすきをつけた地域の方に守られながら安全な下校を行います。

「今日はどんな楽しいことがあったの?」などと話しながら,ふれあいも深めています。

下校の様子の写真
〈安全な下校の様子〉
よしわ地区安全マップの写真
〈よしわ地区安全マップ〉
登校班ごとに,ふれあいみまもり散歩の方や保護者の方も加わり,「入りやすい場所」「周りから見えにくい場所」など,危険な場所をチェックしながら下校し,安全マップを作製しました。

この「ふれあいみまもり散歩」は,単に大人が子どもを守るだけでなく,活動を通して子どもと地域の方々とのつながりを深めていくこともできました。

つながりが深まるにつれて,新たな活動も企画するようになり,益々つながりを深めています。

サツマイモの植え付けの写真
〈地域の方と一緒にサツマイモ植え付け〉
「みまもり散歩」の方々が学校の近くの荒れ地を開墾して農園を作ってくださいました。昨年度は,この「ふれあい農園」で300本のサツマイモを植え,本年度はさらに広い農園を開墾してくださり,500本のサツマイモを子ども達と地域の皆さんとで植えました。
秋には,みまもり散歩の皆さんをはじめ,地域の皆さんと一緒にサツマイモの収穫をしました。
収穫したイモは全部で300kgもありました。
参加者が一人3個ずつ持って帰り,残りはサツマイモを使った『ワクワク料理教室』での材料にしました。
サツマイモの収穫の写真
〈収穫したサツマイモ300kg〉
料理教室の写真
〈サツマイモを使ったワクワク料理教室〉
『ふれあい農園』で作ったサツマイモを材料にして『ワクワク料理教室』を開きました。様々なイモ料理を作り,中でも人気があったのは『さつまチップス』と『さつまパイ』でした。サツマイモ料理を食べながら地域の皆さんと交流を深めました。
4年生が行っている『吉和川浄化活動』へみまもり散歩の皆さんが参加くださり,一緒に地域の川をきれいにしました。
道路を通行する人から「ご苦労様」と声がかかり,新たなつながりの輪が広がっています。
浄化活動の写真
〈吉和川浄化活動〉
落書き消しの写真
〈トンネル壁の落書き消し〉
国道2号線バイパス高架橋下のトンネルで,地域の方と子どもたちが落書きを消す作業をしました。昨年度から始め,今回で7カ所あるすべてのトンネルの落書きを消し終えました。それ以降、落書きのないトンネルが保たれています。

これからも「ふれあいみまもり散歩」によって,児童の安全確保を図り,地域の皆さんとのつながりを深め,住みやすい町づくりを目指していきます。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。