ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 下校時の安全確保

下校時の安全確保

広島県立大門高等学校

概要

  大門高校では,生徒の登下校時の安全を確保するため,保護者とともに教職員が通学路に立ったり,PTAの取組みとして防犯ベルの購入補助を進めたりしてきました。

 今回,さらにPTAの取組みとして,シルバー人材派遣センターに依頼し,下校時間帯に下校路に「交通安全マナー指導員」1名を配置することが実現できました。1月初旬から順調にスタートしています。これは,生徒の交通安全への意識を高め,挨拶の励行を促すとともに,下校路での不審者の出現抑制にも期待が寄せられています。とりわけ,大門高校から大門駅までの下校路は,昼でも薄暗い山道が少しあり,これまで安全面で憂慮されてきました。ここを中心として指導員に巡回してもらうことで,安心しながら安全な下校ができると,生徒・保護者にとっては大好評です。

内容

指導員の巡回の写真 指導員の巡回の写真

指導員の巡回の写真

  最初は照れもあってお互いあまり声が出なかったのですが,今では互いにどちらからともなく「さようなら,ありがとうございます。」「さようなら,気を付けてね。」と挨拶を交わすようになりました。

巡回員のスタイル

 胸に「大門高校」と刺繍した白いジャンバーを着て,腕には交通安全の腕章,反射するたすきをかけ,懐中電灯を肩から提げたスタイルで,生徒の安全を見守ります。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。