ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 第1回 教育モニターアンケート 問9 【モニター】

第1回 教育モニターアンケート 問9 【モニター】

区分問9 教員の採用に際して,特に重視すべきものは何だと思いますか。(その他)
1教員は熱意,使命感のある人でないとやっていけない。熱意のない先生では,子どもがかわいそうである。ただし,人柄,対応能力,健全さ専門性もないと困る。熱意,情熱が空回りしないような才能素養も必要である。ちょとしたことでだめになるような弱い人間でも困る。
1親と同じくらい21世紀を担う一人の人を育てる立場にあるという人としての自覚をしてほしい。特に教育面,人間性は子ども達に多大な影響を及ぼすことを心してほしい。
1サラリーマン教師でなく,子どもが好きで子どものことを第一に考えてくれること
2体力の頑強,気力のある人。
4子どもが好きであるか否か,大人としての責任をきちんともって子どもと向き合えるか否か,教科学習以外に具体的に何かを子どもたちに伝え,教えるものを持っているかどうかを採用判断基準のひとつに加えるべきである。
4成長する子に関わることなので,人間として尊敬できる人物であってほしい。
4任務の関係上,また,地域での交流で元校長先生と接することも多く,よく話を聞きます。その中で,やはり,言葉使い,礼儀,常識の希薄等々が目立つということ(家庭教育も問題があると思います。)どの職場でもそうですが,先輩・後輩上司等の人間関係がよく理解できていない様子。少子化等で子どもを過保護に育てた面が社会人になった時,言動に現れるのかもわかりません。子の教育も大切だが,近代,親の教育がしたいとある施設の方が言われたことがあります。学校現場でも対人関係のスムーズさを考え,採用に取り組んでいただきたいと思います。
4教員である前に人間として人間性豊かな愛情,倫理,道徳観,宗教観も備えた人格者であって欲しい。
4本当は1から5かで備えた方が理想だと思うが,それはなかなか難しいと思う。それを言うなら,まず,親の姿勢を正してから言うべきだと思う。1,2,3を備えた方ならあとはOK。加えて4があればベスト。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。