ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 第1回 教育モニターアンケート 問5 【モニター】

第1回 教育モニターアンケート 問5 【モニター】

区分問5 教員が人間的な魅力や公正な判断力を高めるために有効と思うことは何ですか。(その他)
1教師は授業をするだけでなく,カウンセラー的な役割も必要だと思います。したがって,それを勉強することが,人間を大きく成長させ,魅力を増すと思います。教員と教員,教員と保護者,教員と児童の関係も良くなり,それぞれが理解しあえると思います。
1外国へ派遣し,国際的な視野を持つことも必要。民間企業への派遣も良いかもしれないが,利益を追求する考えを教育の現場に持ち込むことが必ずしも良いとは思えない。
1一般社会で3年以上実務経験のある人を中途採用する。
1教員の専用の心のカウンセリングを受ける期間の設置
1大変難しい設問である
(1)様々な職種の人が集う活動(地域行事,勉強会,趣味会)に定期的に参加し,教員仲間になりがちな事から視野を広げる。
(2)古今東西の古典に接したり,各界の第一人者かの作品や講話に接したりして,高い人生目標を持つ。
1特に新採用の教員に長期企業研修が必要だと思います。
1なかなかむずかしい課題です。出会いが大切だと考え,実践してきました。「書物との出会い」,「自然との出会い」,「人々との出会い」等々あると思います。何はともあれ,日々「自らの再発見」,「自分探し」とを教師自らも実践することでは。私は,藤山寛美さん,田中千代デザイナーの講演からも学びました。
2地域での社会体験の充実,地域・保護者との学習の機会いを持つこと
2様々な場に積極的に出かけ,様々な人と出会い,様々な情報を自らの経験とし,人間として成長すること
4市町村教育委員会への派遣
4教員が異業種交流を活発に行い,常識を身に付け,また,積極的に地域活動に参加できるシステムを作り上げることが望まれる。
4家庭生活をしている先生を大切にしてほしい。未婚のままでは良い先生でも処遇を低くしてほしい。
4子どもたちは,それぞれ能力も理解度も違うので,できるだけ個々に対応できる体制をとってほしい。
4学校訪問もある中で感じることですが,教員一人の業務が多いこと,そして,その業務の明確さがあいまい(トップからの指示)である。業務の軽減で一人の子どもに対し,接する時間も増えるのではないか,などと思いました。そうすることで,子どもたちも教員への信頼感も深まるように思うのですが。
4教員は専門職と共に社会人としてあらゆる人と交流を持ち,生き方,考え方を修得し,社会的評価の高い人であって欲しい。
4現在の採用年齢を引き上げる。新卒の採用要件には,民間企業,NPOなどでの就業経験5年を加える。
教職課程をとっていなくても門前払いをせずに対象として選考する。教育原理,教育審理,教育実習などは採用後に研修すればよい。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。