ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 第1回 教育モニターアンケート 問3 【モニター】

第1回 教育モニターアンケート 問3 【モニター】

 
区分問3 教員の意欲を引き出すために有効と思うことは何ですか。 (その他)
1保護者の信頼と期待と校長先生の働きかけ,また,教員の職場内での人間関係が円滑なこと
1教育目標に対して,(1)計画を立てる(2)計画に対して実施してみる。(3)実施してみながらチェックする(テストとか考え)(4)チェックに対して効果を見る。そして再計画を立て実施させる。これを繰り返す教育が現在欠けていると思う。
1教員が教育の大切さを理解し,自らの力を教育に最大限に発揮できるための条件を整える必要がある。一般のサラリーマンと違うので,給料や昇進のために働くのでは悲しい。
1教員一人一人の意見者提案を年に何度か提出できる機会を作り,よいものには協力,支援するシステムを作る。
1保護者として,教員(先生)が,学校教育をしやすい状態になるよう協力すること。(保護者の方が高学歴で一教員を眼下に置く様な所もあり,子どもにとって先生の立場も理解すべきだと思います。)
1できない,やる気のない教員の給料を下げる。教科ごとに試験をしてランクわけをする必要があると感じます。"
1教師自身が夢をもってほしいと思います。子どもたちをどのように育てたいのか,どのような学級をつくるのか,夢を持って実現に努力してほしいです。やらされるという気持ちを払いのけてほしい。
1いかなる職種においても言えることだが,努力が見られない場合は減給もありえる。組合がなければ個々が自らの責任でもっと意欲的になれるのではないでしょうか?組合を知らない者が言うのはどうかとは思いますが,組合は今の時代は必要なのでしょうか?
1複式授業をしていただいていますが,先生が忙しすぎると感じます。授業ばかり目を向けていては,生活面に目が行き届かなかったり,教科担任や副担任をもうけ,先生には余裕を持たせて欲しい。
2役割分担の明確化と説明責任の自覚
2学校の先生が仕事に対して一番元気が出て意欲的になれるのは,子どもたちとのかかわりの中に喜びを感じたときだと思います。子どもたちと必死で関わっていくような時間を十分に作っていくことだ大切だと思います。
2個々の教師の特性,能力を的確に把握して,その能力が十分に発揮できるよう,適材適所に人事の運営を行う。そのため,平素の勤務実態を正確に整理しておくことが大事である。
2教員同士の意思疎通がなく,学年別行事など担当でなくてもある程度知っていて,よくわかる学校内(職員内)にしてほしい。
3意欲がない人にはやめてもらうべき。民間企業では,リストラの対象になってしまうのではないか。この質問自体がナンセンスだと思う。
3自分の立場を考えるような人
45 外だけでなく,横(教員どおし)のつながりを深くし,楽しい職員室となるように。
4管理職の権限強化
4児童・生徒に関わる時間を十分確保できる校内,学校のシステムの構築を要する。
4クラスの全体の平均成績を示し,学習内容がどれだけ子どもに伝わっているか示してほしい。
4教員として知識,専門も必要と思いますが,一社会人として地域の実体もよくつかんでいてほしい。相談等できる人はいる筈と思います。
4改善のための建設的な意見や提案,試みが取り入れられ実施できる体制づくり。減点主義ではなく,加点主義の人事評価にする。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。