ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 第1回 教育モニターアンケート 問9 【教員】

第1回 教育モニターアンケート 問9 【教員】

区分問9 教員採用に際して,特に重視すべきものは何だと思いますか。(その他)
1いかに本人の専門性や熱意、資質が高くても他職員との協調の取れない人材は、学校としてのトータルな教育力を低下させ、硬直化させます。チームプレーのできる、協調性、人間性豊かな常識ある人材ならば現場が優秀な教員に育てます。
1人間性(協調性、主体性、責任感など)。組織的な学校、学級、学園経営をしていく上で、決まったことに対して皆で行動しようとする協調性や人任せでなく自ら動こうとする主体性、任されたことを最後まできちんとやりきる責任感などがあるかどうかも重視すべきであると思う。
1教育現場での情報に対する的確な判断力
1学力だけでなく,学校生活の中でいろいろな活動や,生徒指導等ができない教員が増えてきているように思うので,スポーツや生活体験等が豊富で人間的魅力のある人を採用してほしい。
2この世界(教育)は、こどもがすきか?どうか?の2つに一つ。
2子ども好きであること。
2私の経験から言いますと,なぜ教員をというところが原点だと思います。景気の良いころは,公務員の希望者は少なかったように思います。教員も公務員に明日はないくらいの気持ちでの使命感を持った人をどんどん採用して欲しいものです。
3公正さと人間性も大切である。
3過去の経歴を重視して、教育者にふさわしいかどうかを判断する。そのため、数年間(3年程度)の講師を経験させ、試した上で採用する・
3柔軟性。学校によって、求められるものは違うし、果たすべき役割も異なる。教育者としての信念。思想も大切だが、勤務校の状況や地域・生徒のニーズに応じて、自分が変わることができないといけないと思う。
3学生時代に(仲間から選ばれて)主将を務めた経験のあるもの。部活動に限らず粘り強くあきらめずやり遂げた者。について、何ポイントか加算していてはどうでしょう。進路リーダー性を備えた人物がここに結構存在するように感じます。
3臨時,非常勤の中で秀でた能力のある者を登用する。
3事務処理能力

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。