ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 第1回 教育モニターアンケート 問6 【教員】

第1回 教育モニターアンケート 問6 【教員】

区分問6 教員の資質向上を図るため,今後,特に力を入れたほうが良いと思われる研修形態は何ですか。(その他)
1日常の中でもっと教師同士が悩みや子どもとのかかわりなどフランクに話し合える場と時間が必要。
1(参考までに)私は、本年度広島大学大学院に派遣して頂いておりますが、予想以上に自分の資質向上が図られている事を日々実感しております。現場での体験を現場から離れ、教育原理的なところから再度学び、とらえ直していく体験は、現場にずっといてはできない視野の大きな学びです。予算的に大変だとは存じますが、今後も素質のある教員に門戸が開かれることを望みます。
1他校との実践交流や他地域の学校の実践を知ることもプラスの刺激になるし、授業改善や意欲の向上にもつながる。
1教育センター等の学校を離れての研修も大切であるが,授業に支障をきたすため,自主的な参加がしにくい状況にある。
1自分がやってみたい民間セミナーなどへも参加できるようにしてほしい。大学だけでなく専門学校へも研修で行けるようにしてほしいです。
2中央研修(筑波)で、私自身が体験してみて、広い視野から教育を見ることができる。
2企業研修により社会的視野を広げる。また教育現場に活かす。
2哲学であるとか,道徳であるとか、心の得を修養できる研修を企画実施し、心を耕し資質向上を求める心作りをする(礼儀・作法の研修)
2若い年代で、県や市の指導主事を経験させて、教諭で職場(学校)にかえし、そのローテを早める。学校現場に指導主事経験者が多くなれば、お互いの研修により、資質の更なる向上が見られると考える。
2自らの意識改革に取り組むこと。豊かな人間性,社会性,専門性を基盤とした実践的指導力の向上の図れる短期研修
2先進校への視察と交流
2研修発表会や公開研究会への参加
2外部(地域,保護者を含めて)による日常的な学校開放,及び学校評価の充実
33の自主研修も認め長期である程度の予算もつけた方がいい。
3毎年1本の研究論文の提出(義務付け)
3若手(新採用時)と15~20年経過時に主としてサービス業に、2週間程度でも送り込めたらと思います。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。