ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 第1回 教育モニターアンケート 問3 【教員】

第1回 教育モニターアンケート 問3 【教員】

区分問3 教員の意欲を引き出すために有効と思うことは何ですか。(その他)
1ゆとりを持って仕事のできる環境作りがいると感じます。人的な面,物的な面の双方からです。現在の状況では身動きが取れない忙しさを感じています。
1公に認め、表彰したことに対して手当て等を支給すること。
1職場内の人間関係や連携をより蜜にし,同じ目的意識を持ち、後押ししてくれる仲間がいるという自身と安心感が持てるようにすること。
1とにかく忙しすぎて心のゆとりが持てず,子ども達とゆっくり接することができません。精神的なゆとりと時間をください。
1教員の多くは「良い授業をしたい。」「創意工夫を行いたい。」と思っています。しかし、それに対し現実はあまりにオーバーワークで心身ともに疲れ果てています。せめて学校にいる時間内に「明日の授業の準備が整えられる」時間的保障がいただきたいです。
1自分の生活にもいっぱいで,仕事でもいっぱいで,しんどさだけが残っています。自分にゆとりがもてるように,調査・報告・事務研修・研究会を少なくしてほしい。
2教員にゆとりをもたせること。特に管理職は、調査者の提出に追われ、じっくり教職員指導ができていない
2ゆとりのある環境にすること。(授業時数のことだと考えてみても、現在は、その確保のために、いろいろなことを犠牲にし、かなり無理をしながら働いている。それらの達成度は数字に表れるが、見えない部分でのマイナス面も多く、疲れが極限近くに達しているものも少なくない。現状は意欲を引き出すどころか、体調維持だけでも精一杯といった感じである。
2管理職にも定数に限度があり,簡単には実現できないかもしれません。むしろ,中間管理職(主任等)の育成に重きをおけば,組織も運営しやすいのではと思います。
3校長に信頼されているという実感を本人が持つこと
31や2も効果はあると思いますが、2については金銭的なものよりも、より資質向上に役立つような外部の研修に一定期間参加できる機会を与える等のほうがインセンティブ効果が高いという見方が最近では高まりつつあるように思います。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。