ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 教育モニターアンケートNo.22

教育モニターアンケートNo.22

NO.22 学校は,地域の人の意見を学校の運営に取り入れている。

 

番号

具体例

1 よく当てはまる挨拶運動の実施
児童の地域行事(町内敬老会、町内運動会、町内一斉クリーンディ(年2回))への積極的参加の協力
地域での児童の安全、非行等に対し迅速に的確に丁寧に対応している。
地域で活動する方を講師として招き、子供達に創意工夫ある授業が出来ている。
地域の国際交流グループと連携し、総合学習で交流を生かしている。
町内主催のお祭りのオープニングセレモニー・敬老会等への太鼓演奏、町内ハイキングなどのガイド役として参加
文化祭や運動会など地域行事と学校行事を合同で行う場合が多いので、協力し合っている。
2 やや当てはまる学校評議員や行事などに参加した人から、意見を聞いている。
古くからの有力者の意見には耳をかしているようです。(私の子どもが通っている学校は今も地域の人達が通行するからと学校の全ての門は子ども達がいる間もカギをかけられる事がありません。事件が多くありお願いしていたのですが残念です。)
校内だけで行っていた文化祭を開放にし,誰でも参加できるようになった。
児童委員などとの例会を設け、広く地域の実情の把握に努めたり、相談所等との連携を努めている。
七尾中学校では大規模工事を2年で行っている途中です。ちょうどこの時期に当たる在校生はクラブも限られています。一度にしなくても・・・と個人的な意見です。今まで少しでも一部でもして欲しかったです。
常任委員会または個別に対応しているようです。
地域の人を交えた行事をよく行っている。
地域の方々から寄せられる意見を参考に、学校として児童に強調して指導するべきことなど取り組んでいる。 あいさつ運動やマナーの向上等
地域の方々に学習に参加、協力いただいている。
地域の有志が参加している学校運営協議会、「郷田っ子を育てる会」や、子供たちの有意義な活動を支援するためにPTAと地域で作っている「郷 Goサタデー実行委員会」等で地域住民の意見を聞き、運営に取り入れている。
評議員の提言を取り入れて学校運営を行うように努力している。
3 どちらとも言えない運営に関して意見を述べる保護者がいるかどうか分からない。仮にあったとしてもどのように反映されているかは伝わってこない。
祭など地域行事も学校をあげ協力している。
昨年度からではあるが、町民運動会の参加体制が変わった。
地域の方からの意見は公表されないので、保護者でありながらどうなっているのか見えていません。
4 あまり当てはまらないあまり耳を貸さないようである。
高校を想定しているので、小中学校のように地域との関わりはあまりないように思う。
登下校時の安全指導など、地域との協力が児童・生徒の教育になぜ必要なのか、学校として深く考える必要がある。
5 まったく当てはまらないクレームに対しては学校のメンツ上、対処するが、他に関しては、意見をしても聞き流すとの声が、他の保護者からよく耳にする。
学校評議委員がまったく機能していない。
6 わからないよく分からない。
学校から一般住民に対する呼びかけはないが、PTA関係者の意見は聞いているのではないかと思う。
無回答朝礼等道徳の時間をつくり、地域の石を生徒に時々伝えている。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。