ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 平成16年度体力・運動能力調査報告書4

平成16年度体力・運動能力調査報告書4

平成15年度体力・運動能力調査報告書

調査結果のまとめ

3 アンケート調査と新体力テストの結果との関連性の分析

4 朝食の摂取について

■ 広島県の状況

○朝食の摂取
 本県の児童は男女合わせて,85.8%が毎日朝食を摂るものの,14.2%の児童は,毎日規則的に朝食を食べていない状況がある。

○朝食摂取別得点
 朝食と得点との結果からは,朝食を毎日食べる児童とときどき食べない児童と比べても,男子では1.53点,女子では1.54点で男女とも朝食を毎日食べる児童の方が得点が高い。

■ 全国との比較

 本県の状況は,男女とも朝食を毎日食べる児童の方が得点が高く,全国と 同じ傾向を示している。
 本県の毎日朝食を食べる割合を全国平均と比較すると,男子で1ポイント高く,女子で2ポイント低い。

朝食の摂取

広島県の状況

男子の円グラフ 女子の円グラフ

朝食摂取別男子得点 棒グラフ 朝食摂取別男子得点 棒グラフ

全国との比較

朝食摂取の棒グラフ 朝食の摂取と得点の棒グラフ

(  )は平成15年度の値

ライン

5 1日の睡眠時間について

■ 広島県の状況

○1日の睡眠時間
 本県の児童は男女合わせて,57.95%が8時間以上の睡眠をとっている。 
 しかし,男子で8.1%,女子で5.4%の児童が6時間未満しか睡眠をとっていない実態があった。

○1日の睡眠時間別得点
 1日の睡眠時間と得点の結果からは,8時間以上の睡眠時間と6時間未満 の睡眠時間の児童とでは,男子で2.31点,女子で2.96点で,8時間以上の睡眠をとる児童の方が得点が高い傾向にある。女子の場合は,6時間以上8時間未満と答えた児童の得点は,8時間以上と答えた児童を0.46点上回っていた。

■ 全国との比較

 男子では,8時間以上の睡眠時間をとっている児童の方が得点が高く,全国と同じ傾向にある。女子においては,6時間以上8時間未満の児童のグループが得点が高く,全国と異なる傾向にある。

 本県の場合,6時間未満の睡眠時間が,全国の値より男子は3ポイント高く,睡眠不足が懸念される。

1日の睡眠時間

広島県の状況

男子の1日の睡眠時間の円グラフ 女子の1日の睡眠時間の円グラフ

1日の睡眠時間別男子得点の棒グラフ 1日の睡眠時間別女子得点の棒グラフ

全国との比較

1日の睡眠時間の全国との比較棒グラフ 1日の睡眠時間と得点の全国との比較棒グラフ
(  )は平成15年度の値

ライン

6 1日のテレビ(テレビゲームを含む)視聴時間について

■ 広島県の状況

○ 1日のテレビ(テレビゲームを含む)視聴時間
 1日にテレビを視聴する時間が3時間以上の児童は,男子において 32.4%,女子は26.4%で,全体で29.4%の児童が1日に3時間以上テレビを視聴している。

○1日のテレビ(テレビゲームを含む)視聴時間別得点
 テレビ視聴(テレビゲームも含む)時間と得点の結果からは,3時間以上のテレビ視聴の児童と1時間未満のテレビ視聴の児童とでは,男子で1.36点ほど1時間未満のテレビ視聴の児童の方が得点が高い傾向であったが,女子では逆に3時間以上のテレビ視聴の児童の方が0.98点とわずかな差ではあるが1時間未満のテレビ視聴の児童の方より得点が高い傾向にあり,特に女子においては,テレビの視聴時間と得点の相関関係が明確にあらわれていない。

■ 全国との比較

 男子では,2時間未満のテレビ視聴時間の児童の得点が高い傾向にある。女子においては,2時間以上3時間未満の児童のグループが得点が高く,全国も同じ傾向となっている。

1日のテレビ(テレビゲームを含む)視聴時間

広島県の状況

1日のテレビ(テレビゲームを含む)視聴時間男子の円グラフ 1日のテレビ(テレビゲームを含む)視聴時間女子の円グラフ

1日のテレビ(テレビゲームを含む)視聴時間別男子得点の棒グラフ 1日のテレビ(テレビゲームを含む)視聴時間別女子得点の棒グラフ

全国との比較

1日のテレビ(テレビゲームを含む)視聴時間の全国との比較棒グラフ 1日のテレビ(テレビゲームを含む)視聴時間と得点の全国との比較棒グラフ

ライン

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。