ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 19年度の概要

19年度の概要

平成19年度広島県文化財保護審議会総会の概要 

1 日時

 平成20年1月23日(水曜日) 14時~17時30分

2 場所

 広島県立美術館 3階大会議室 (広島市中区上幟町2-22)

3 出席者

 石橋,岡橋,片桐,河瀬,澤登,菅村,鈴木まどか,鈴木盛久,鳥越,西本,濱田,古瀬,

 松井,松下,三村,三宅,山崎,頼 (欠席 安嶋,井上,角重,太郎良,中田,中西,藤田)

4 協議及び審議事項

(1)協議

 会長等の選出について

(2)審議

 ア 広島県無形民俗文化財の指定について

  • (ア)津田神楽
  • (イ)蔵王のはねおどり

 イ 広島県天然記念物の指定の解除について

 井永のアサガラ

(3)報告

 宮の本第24号古墳の取り扱い

(4)その他

  •  ア 福山城外堀遺構の取り扱い
  •  イ 尾市古墳の取り扱い

5 会議の概要

(1)協議

 会長等の選出について

 ア 会長の選出

仮議長 頼委員を会長に選出することでよいか。

各委員 異議なし

 イ 会長職務代理の指名

会長 中西委員を職務代理に指名する。

(2)審議

 ア 広島県無形民俗文化財の指定について
(ア)津田神楽

事務局 (「広島県無形民俗文化財の指定について 津田神楽」調書案朗読,説明)

委員 古い衣装は残っているのか。 既に県指定されている阿刀神楽にみられる,神がかりする演目はあるのか。

事務局 社務所に古い衣装を保管している。

委員 津田神楽には神がかりする演目は無い。

会長 「津田神楽」を広島県無形民俗文化財の指定に値すると答申することに,異議はないか。

委員 異議なし。

(イ)蔵王のはねおどり

事務局 (「広島県無形文化財の指定について 蔵王のはねおどり」調書案朗読)

委員 (スライド及びビデオにより補足説明)

会長 「蔵王のはねおどり」を広島県無形民俗文化財の指定に値すると答申することに,異議はないか。

委員 異議なし。

 イ 広島県天然記念物の指定の解除について

 井永のアサガラ

事務局 (「広島県天然記念物の指定の解除について 井永のアサガラ」説明)

会長 広島県天然記念物「井永のアサガラ」の指定を解除することはやむを得ないと答申することに,異議はないか。

委員 異議なし。

(3)報告

宮の本第24号古墳の取り扱い

委員

 国土交通省との協議に臨む場合,文化課としては,文化財の保存活用を一番に考え,協議してもらいたい。

 発掘調査中に重要な遺構が発見された時,文化課,調査実施者及び事業者が,調査中でも保存について協議するシステムを作って欲しい。

事務局

 調査実施者とは,文化財保護という立場から,発掘調査状況の確認,連携を取っている。今後,より一層,連携していく。

委員 以前から,「径20mを超える古墳は現状保存する」という前提で事業者と協議していたのではないか。

事務局 現在も,地域にとって重要な埋蔵文化財の取り扱いについては,計画段階から早期に事業者と協議している。

(4)その他

 ア 福山城外堀遺構の取り扱い

委員 JR福山駅前の福山城外堀遺構について,文化課として,福山市に県の指導とか意見を申し し入れたことがあるか。

事務局

 一昨年の夏に福山市教委から相談があり,以後,文化財保護の観点から,様々な助言・情報提供などを行った。

 今後,駅前東側の発掘調査の結果を踏まえて,福山市教委と連携を図って参りたい。

 課題は文化財保護と開発事業との適切な調整であり,文化庁とも連携して,取り扱い等について助言や情報提供を行うこととしている。

委員

 福山城跡周辺の堀については,かつては石垣を一部残すなどしたが,最近は,保存問題が新聞記事になるだけで,遺構は壊されることが続いている。今後,福山城遺構に係る開発工事については十分検討して進めて欲しい。

 イ 尾市古墳の取り扱い

委員 尾市古墳は,5~6年間,発掘調査が続いている。

尾市古墳は急斜面地にあり,保存のことを念頭において発掘調査をしないと,墳丘が流失するおそれががある。

これまでの調査成果に基づいて,早い時期に国史跡の指定を受け,国の予算により,整備をしていく必要がある。

事務局

 文化庁から,古墳北東側の墳丘状の高まりも含めて,広い範囲での遺構の有無,古墳構造の確認を行ったうえで保存対策を講じる必要があると指導を受けており,現在は,文化庁等と協議のうえ,土嚢袋等の積み方などにも工夫して,墳丘の流失を防ぐ方策を講じながら,調査を行っている。

 大がかりな保存対策や工夫がいることもあり,文化庁の指導を受けながら適切に対処したい。

6 結果

(1)協議

 会長等の選出について

  • 会長 頼 祺一
  • 職務代理 中西 稔

(2)審議

ア 広島県無形民俗文化財の指定について

(ア)津田神楽

(イ)蔵王のはねおどり

 ・指定に値すると認めると答申する。

 イ 広島県天然記念物の指定の解除について

 井永のアサガラ

 ・指定の解除はやむを得ないと答申する。

7 担当部署

 広島県教育委員会事務局生涯学習部文化課文化財保護係 

 Tel.(082)513-5021

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。