ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 生涯学習を支援するシステムの構築について(中間まとめの概要)1

生涯学習を支援するシステムの構築について(中間まとめの概要)1

生涯学習を支援するシステムの構築について(中間まとめの概要)

1 はじめに

生涯学習のイメージイラスト

広島県生涯学習審議会は,平成13年6月18日に広島県教育委員会教育長から,「生涯学習を支援するシステムの構築について」諮問を受けて,審議を進め,このたび中間まとめを行った。
広島県では,平成11年2月に21世紀に向けた新しい時代の生涯学習を推進していくガイドラインとして「広島県生涯学習推進構想」を策定した。生涯学習を支援するシステムはこの構想の中で,今後重点的に取り組んでいく施策として位置付けられているものである。

 

 

2 生涯学習を支援するシステムの構築についての基本的な考え方

県民生涯学習のイメージイラスト○ 変化が激しく,複雑化する社会では,様々な課題を解決するため,社会自体が人々の学習成果の活用を求めている。
○ 人々の学習ニーズは高度化・多様化し,学習の成果を地域社会や職業生活で生かしたいと考える人が多くなっている。
○ 学習成果を評価する仕組みづくりを行い,発展的な学習につなげたり成果を生かした社会的な活動を促進する必要がある。
○ 完全学校週5日制の実施(平成14年度~)は,教育機能を地域や家庭に広げ,生涯にわたりあらゆる機会に学びつづける環境整備の契機となる。
○ 生涯学習システムの構築は,地域社会のあらゆる場所,機会が学習するための教室,キャンパスとなることをめざしている。

 

 

 

 

 3 広島県における生涯学習を支援する施策等の現状と課題

(1)生涯学習を支援する施策、(2)生涯学習を支援する人づくり

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。