ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県障害児教育ビジョン

広島県障害児教育ビジョン

3 おわりに

  広島県教育委員会では,この「広島県障害児教育ビジョン」に基づき,今後,具体的な施策等を展開してまいります。

 保護者・県民の障害児教育に対する期待に応え,ここにビジョンとして提示した様々な施策を展開するためには,未だに是正指導が十分に進んでいない盲・ろう・養護学校の是正の徹底及び直接的に教育に携わる教職員一人一人の意識改革を抜きにしては推進できません。

 教職員一人一人が本県障害児教育の現状や課題を踏まえ,このビジョンに示す基本的な方向性を十分理解し,専門性に基づくきめ細かな教育を推進する必要があります。

 障害のある幼児児童生徒の教育的ニーズに応じた教育を行うためには,各学校が学校運営や教育課程等の実施状況について,自己点検・自己評価を行い,その結果を保護者はもとより,広く県民に公表し,開かれた学校づくりに努める必要があります。

 県教育委員会では,こうした開かれた学校づくりを推進し,学校教育の改善・充実に努めてまいります。

 県民の方々には,障害のある幼児児童生徒の学校教育や地域での活動等に御理解いただき,本県障害児教育の充実・発展に御協力をお願いいたします。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。