ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高校教育改革-平成15年度からの新しい高校教育改革-

高校教育改革

独創性にあふれ創造力豊かな人材の育成をめざして

                -平成15年度からの新しい高校教育改革-

 21世紀における新しい高校教育の創造に向けて,平成13年10月26日に広島県高校教育改革推進協議会より,「県立高等学校における教育改革の推進について(答申)」が提出されました。
 答申の中で提言された高校教育改革の基本的方向性は,「特色ある学校づくりの推進」・「適正配置の推進及び通学区域の見直し」・「入学者選抜制度改善の推進」の3つの柱から構成されており,この内容を踏まえ,平成15年度より順次実施していくべき改革の方向性が,平成14年3月の教育委員会において決定しました。
 これらの改革が将来もたらす成果を,本県全体で実感・共有できるようにするため,今後,県民の皆様一人一人の御理解と御協力を心よりお願いいたします。

                     特色ある学校づくりと学校・学科の再編整備の推進 

       21世紀における新しい高校教育の創造

新しい通学区域の設定入学者選抜制度の改善

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする