ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 平成22年度の県立学校再編整備について

平成22年度の県立学校再編整備について

平成22年度の県立学校再編整備について
                                                                                                      広島県教育委員会


平成21年8月6日に開催された教育委員会会議において,次のとおり,県立学校の再編整備が決定されました。

1 高等学校の再編整備について

県立高等学校再編整備基本計画(平成21年度~平成25年度)」(平成20年6月策定)に基づき,平成22年度から,次のとおり高等学校の再編整備を行う。

校名

再編整備の内容

現行

再編後

白木高等学校

普通科

募集停止

大和高等学校

普通科

募集停止


○ 「県立高等学校再編整備基本計画(平成21年度~平成25年度)」 抜粋


2 適正規模化の推進

今後は,1学年8学級以下を維持するとともに,1学年3学級以下の小規模校については,中山間地域と都市部とにおける近隣校までの距離や公共交通機関の利便性等の相違にも十分に配慮しながら,(3)の統廃合の考え方に基づき,計画的に統廃合を推進する。 

(3)統廃合の考え方

1 1学年1学級規模の学校
当該学校の在籍状況(入学率など),地元中学校の進学状況(地元率など)等を勘案しつつ,統廃合を進める。

 2 特別支援学校の再編整備について

広島県特別支援教育ビジョン」(平成20年7月策定)に基づき,平成22年度から,次のとおり特別支援学校の再編整備を行う。

校名等

再編整備の内容

現行

再編後

広島南特別支援学校

高等部

普通科

[就学区域の全県一円化]

広島南特別支援学校

呉分校高等部

普通科

募集停止

尾道特別支援学校

高等部

普通科

募集停止

特別支援学校の就学区域を次のとおり変更します。 ⇒ 就学区域の変更内容

○ 「広島県特別支援教育ビジョン」 抜粋


ア 特別支援学校の教育環境の整備

○ 在籍者数の少ない本校,分校等については,同一障害の幼児児童生徒による一定規模の学習集団を確保するため,他の本校,分校等との統合を検討します。

 

 

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。