ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 小規模化した県立高等学校(全日制)の学校間の連携における連携校について

小規模化した県立高等学校(全日制)の学校間の連携における連携校について

1 平成23年度から実施する連携校  


所在市町連携校連携開始年月
広島市
廿日市市
湯来南高等学校(普通科1)
佐伯高等学校(普通科1)
平成23年4月
呉市
江田島市
音戸高等学校(普通科2)
大柿高等学校(普通科1)
福山市沼南高等学校(普通科1,家政科1,園芸デザイン科1)
松永高等学校(総合学科5)
府中市上下高等学校(普通科1)
府中東高等学校(普通科2,インテリア科1,都市システム科1)
三次市日彰館高等学校(普通科2)
三次青陵高等学校(総合学科3)
庄原市庄原格致高等学校(普通科3)
東城高等学校(普通科1)
西城紫水高等学校(普通科1)
安芸太田町
北広島町
加計高等学校(普通科1)
加計高等学校芸北分校(普通科1)
千代田高等学校(普通科2)

注:括弧内は,平成23年度募集学級数。松永高等学校及び府中東高等学校は適正規模校。

2 既に実施している連携校

所在市町連携校連携開始年月
竹原市竹原高等学校(普通科2,商業科1)
忠海高等学校(普通科2)
平成22年4月
尾道市瀬戸田高等学校(普通科1)
因島高等学校(総合学科3)
安芸高田市向原高等学校(普通科2)
吉田高等学校(普通科2,生活福祉科1,アグリビジネス科1)
平成22年8月

注1:括弧内は,平成23年度募集学級数。吉田高等学校は適正規模校。
注2:吉田高等学校のアグリビジネス科は,現在の地域開発科・生産流通システム科を平成23年度入学者から改編。

〔小規模校の配置状況〕

小規模校の配置状況

<参考>
「小規模化した県立高等学校(全日制)の学校間の連携の在り方について」

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。