ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 平成17年度「ひろしま教育の日」メッセージについて

平成17年度「ひろしま教育の日」メッセージについて

 

「ひろしま教育の日」メッセージが決まりました

 

 「ひろしま教育の日」の趣旨をPRするため,広く県民から「ひろしま教育の日」メッセージを募集したところ,1,811作品の応募がありました。
  応募のあった作品から,優秀作品6作品及び入選作品44作品を選定しました。さらに,優秀作品の中から1点を最優秀作品とし,このメッセージを用いて今年度の「ひろしま教育の日」ポスター・チラシを作成しました。
  → ポスターの拡大はこちら
ポスター

 

1  応募作品数 (応募期間:平成17年4月26日~6月15日)


   1,811作品

(内訳)

区分小学生中学生高校生一般
応募数1213781,1461661,811

2  選定方法

 「ことばについて考える100人委員会」幹事による選定会を設けて選定
  中原 俊輔(中国新聞社読者広報センター,広島県NIE推進会議事務局長)
  久次 弘子(広島国際大学助教授(パフォーマンス学))
  吉田 裕久(広島大学院教授(国語文化教育学)) 

3  最優秀作品,優秀作品及び入選作品

    最優秀作品:1作品

氏名学校名・学年メッセージ内容
友道 由貴神辺町立神辺東中学校3年咲かせよう! みんなの輝き 個性の華!

    優秀作品:5作品

氏名学校名・学年メッセージ内容
菊屋 圭亮神辺町立竹尋小学校2年な~るほど そうだったのかわかったぞ
西本 未里廿日市市立吉和中学校2年「やってみよう!」その一言が夢への一歩
永井 里沙県立三原東高等学校2年見えるモノを見る力,見えないモノを見る力
蔦永 望美県立三原東高等学校2年目の前の道,夢,まっしぐら。
別祖 信代一般未来への 夢へとつなぐ 確かな一歩

    入選作品:44 作品

 

    審査委員からのメッセージ

  「ひろしま教育の日」メッセージの募集も,今年度で3回目の実施となりました。おかげさまで,1,811作品というたくさんの応募をいただくことができました。
  今年度は,メッセージ募集をより一層広がりのあるものとするため,各市町教育委員会に参加を依頼し,小中学校の児童・生徒に応募を呼びかけていただきました。その結果,24市町から小中各3作品程度の優秀作品を選定のうえ,ご応募いただいております。
 一般の方からの応募を含めて,5歳から89歳までの幅広い年代の方から教育への期待や思いなどを託したメッセージをいただきました。多くの県民の方が広島県の教育に深い関心をお持ちであるということを感じることができました。
 来年度も,たくさんの作品を応募いただき,教育について考えていただくきっかけとなればと期待しております。
 最後になりましたが,メッセージにご応募くださったみなさま本当にありがとうございました。

お辞儀のイラスト  たくさんのご応募ありがとうございました! 

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。