ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 平成16年度「ひろしま教育の日」メッセージについて

平成16年度「ひろしま教育の日」メッセージについて

 

「ひろしま教育の日」メッセージが決まりました

 

 「ひろしま教育の日」の趣旨をPRするため,広く県民から「ひろしま教育の日」メッセージを募集し,応募のあった作品から,優秀作品6作品及び入選作品44作品を選定しました。
  さらに,優秀作品の中から1点を最優秀作品とし,このメッセージを用いて今年度の「ひろしま教育の日」ポスター・チラシを作成しました。
  → ポスターの拡大はこちら
ポスター

 

1  応募作品数 (応募期間:平成16年4月19日~6月18日)

   1,310作品

(内訳)

区分小学生中学生高校生一般
応募数3002766211131,310
 

2  選定方法

 「ことばについて考える100人委員会」幹事による選定会を設けて選定
  吉田 裕久(広島大学院教授(国語文化教育学))
  中原 俊輔(中国新聞社読者広報センター,広島県NIE推進会議事務局長)
  久次 弘子(広島国際大学教授(パフォーマンス学))

 3  最優秀作品,優秀作品及び入選作品

    最優秀作品:1作品

氏名学校名・学年メッセージ内容
小谷 和司県立可部高等学校2年明日へと歩いていける道づくり

     優秀作品:5作品

氏名学校名・学年メッセージ内容
岩見 魁人安芸高田市立
美土里小学校1年
はなまるいっぱいたまったよ
金子 沙耶県立広島中学校1年大切な今はばたく未来に!
新田 朋哉県立三原東高等学校3年いつかの言葉が背中を押す風になる
岡田 ほたる県立可部高等学校2年教えあう,みんなつながる広がる輪
馬屋原美稲子一般磨けば光る 見つめれば輝く

    入選作品:44 作品

4  学校での取組み

 

    審査委員からのメッセージ

  「ひろしま教育の日」メッセージ募集は,昨年度に引き続き2回目の実施となりました。おかげさまで,今年度もたくさんのご応募をいただきました。
  昨年度の約2倍の1,310作品もの応募があり,みなさまの教育への関心の高さを感じることができました。
 特に,今年度は,全校がかかわるなど多くの学校で積極的に取り組んでいただきました。学校関係者からの応募内訳をみますと,昨年度は小学校3校,中学校1校,高校3校計7校585作品でしたが,今年度は小学校5校,中学校6校,高校7校計18校1,197作品でした。昨年度に比べ,倍近くの学校から約倍の作品の応募をいただいております。
 3歳から88歳まで,幅広い年代の方から教育への期待や思いなどを託したメッセージをいただきました。この「ひろしま教育の日」のメッセージ募集により,みなさまが広島県の教育について,さらに関心を深めてくれたことと思います。
 来年度も,たくさんの作品の応募をしていただき,教育について考えていただくきっかけとなればと期待しております。
 最後になりましたが,メッセージの応募をしていただいたみなさま本当にありがとうございました。

お辞儀イラスト  たくさんのご応募ありがとうございました! 

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。