ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 学校評価システム検討会議最終報告(6)

学校評価システム検討会議最終報告(6)

3 標準的な学校評価システム

(1)計画(PLAN)

  ア 経営目標の設定

 校長は経営理念に基づき具体的・客観的で検証可能な経営目標を設定する。
 経営目標には,学校の目指すべき方向を示した中期経営目標(3年程度)と中期経営目標を達成するための短期経営目標(年度)とがある。 
 学校評価を効果的に行うためには,経営目標とあわせて評価項目・評価指標・評価基準をあらかじめ設定する必要がある。

 経営目標は,地域における自校の使命や将来像を踏まえて設定する。
 経営目標を設定するにあたっては,学校経営の現状分析を行い,その結果を踏まえて中期経営目標を定め,それを達成するために,各年度の短期経営目標を定める必要がある。
 経営目標には,「授業研究・改善」,「生徒指導」,「情報発信」という共通的視点を盛り込む必要がある。
 このほか,学校の課題解決を図ることや特色づくりを推進するための経営目標を設けることも考えられる。
 また,経営目標は,児童生徒,保護者,地域住民に説明できるよう,わかりやすくする必要がある。
 数値的な経営目標を示すことが困難な場合については,これに関連した検証可能な指標を用いることにより、経営目標の達成状況がわかるように工夫する必要がある。

 経営目標の設定

戻る
次へ

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。