ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 平成22年度「ひろしま教育の日」メッセージについて

平成22年度「ひろしま教育の日」メッセージについて

11月1日は、ひろしま教育の日 11月1日から7日は、「ひろしま教育ウィーク」 

「ひろしま教育の日」の趣旨をPRするため,広く県民から「ひろしま教育の日」メッセージを募集したところ,平成22年度は,32,382作品の応募がありました。 応募のあった作品から,優秀作品6作品及び入選作品44作品を選定しました。さらに,優秀作品の中から1点を最優秀作品とし,このメッセージを用いて今年度の「ひろしま教育の日」ポスター・チラシを作成しました。

ひろしま教育の日ポスター画像

1  応募作品数 (応募期間:平成22年4月8日~6月11日) 

32,382作品

(内訳)

区分

小学校

中学校

県立学校

一般

応募数

15,784

11,642

4,938

18

32,382

2  選定方法

「ことばについて考える100人委員会」幹事による選定会を設けて選定

  • 清川  徹(NHK広島放送局チーフアナウンサー)
  • 久次 弘子(広島国際大学教授(パフォーマンス学))
  • 吉田 裕久(広島大学大学院教授(国語文化教育学)) 

3  最優秀作品,優秀作品及び入選作品

   最優秀作品:1作品

氏名

学校名・学年

メッセージ内容

大浦 翔太

県立大門高等学校2年

希望へと 延びる階段 駆け上がれ

   優秀作品:5作品

氏名

学校名・学年

メッセージ内容

田中 菜々子

広島市立毘沙門台小学校5年

みんなの目 キラキラかがやく 学びの芽

宮本 優

呉市立野路東小学校6年

描こうよ 私の学び 私の色で

佐藤 沙樹

廿日市市立四季が丘中学校2年

まっすぐに のばした手には 夢がある

中原 朗

一般

積み重ね 小さな一歩 大きな未来

平 香

一般

広げて!あなたの世界は無限大

   入選作品:44作品

平成22年9月30日 「ひろしま教育の日」メッセージ表彰式

表彰式の画像1

表彰式の画像2

後列は,宮本さん,佐藤さん,中原さん
前列は,榎田教育長,大浦さん,田中さん,堀野教育部長

10月4日に平さんを表彰しました。

 最優秀賞受賞者 大浦翔太さんの挨拶

 この度は,ひろしま教育の日メッセージの最優秀賞として僕の作品を選んで頂き,ありがとうございます。 受賞の知らせを頂いた時には実感が湧いていませんでしたが,今は緊張で胸がいっぱいです。やはり,素晴らしい賞に選んで頂けたので,本当に嬉しい限りです。
 僕の学校では,過去に入賞した前例すらなく,「広島県の一番」と言われたので,初めて受賞という事実を知った時は,ただ呆然とその場に立ちつくしたまま,何のことかよく分からないままでした。 この作品は,特に何か,「ものすごくいい作品ができた。」と思い書いたものではなかったのですが,僕なりに,少し時間をかけて考えてみて,浮かんだ言葉たちを上手く繋ぎ合わせて完成させました。
 選ばれた時は,この作品の何が良かったのだろうかと少し考えていました。後日,ある先生に,「記憶に残るフレーズ」だというふうに言われました。 思い返してみると,たしかに,校内で偶然出会った友人たちが,この作品のことをよく覚えているなと思いました。
 そのことを言われる度に,少し恥ずかしい思いもしたのですが,いつしか,それに,「自分に対する自信」というものも加わってきている気がしました。 今回のこの受賞がきっかけとなり,中途半端なこの僕に,何か変化を告げる光が射し出しているような気がしています。
 最後になりましたが,お忙しい中,僕達の為に貴重な時間を割いて頂き本当にありがとうございました。

最優秀賞表彰者の画像

審査委員からのメッセージ

  「ひろしま教育の日」メッセージの募集も,今年度で8回目となりました。おかげさまで,今年度は,32,382作品もの応募がありました。 多くの方から,教育への期待や思いなどを託したメッセージをいただき,広島県の教育に深い関心をお持ちであることを感じることができました。
 来年度も,たくさんの作品をご応募いただき,教育について考えていただくきっかけとなればと期待しております。 最後になりましたが,メッセージにご応募くださったみなさま本当にありがとうございました。

たくさんのご応募ありがとうございました! 

 平成22年度「ひろしま教育の日」関連イベント

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。