ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 国際教育協力研修会アンケート集計

国際教育協力研修会アンケート集計

○参加者数33, 回答数28, 回答率84.8%

星印 回答者の属性について

人数

割合

小学校

11人

40%

中学校

9人

32%

高等学校

4人

14%

盲ろう養護学校

2人

7%

その他

2人

7%

28人

100%

星印 情報源(複数回答)

人数

割合

県教育委員会からの通知

19人

62%

校内等の教育関係者

4人

13%

広島県教育委員会のホームページ

2人

6%

JICA(国際協力機構)のホームページ

1人

3%

チラシ

0人

0%

その他

5人

16%

28人

100%

※「その他」については,

  • JICAの国際理解教育セミナーで知った(2)
  • 知人の紹介(2)
  • 教育センターの紹介(1)

星印 今回の研修に期待したこと

 星印 今後,国際理解教育を進めていく上でのヒントやアイデアを得,具体的実践例を知りたい。(7)

 星印 派遣終了者の体験談・報告を聞きたい。(7)

 星印 派遣終了者が自身の体験をいかに現場に生かせるか,終了者が帰国後教育現場に何ができるのかについて知りたい(4)

 星印 派遣終了者の体験談・報告を共有し,子どもに何を伝えるかを考え,自分の授業の中で生かしていきたい。(2)

 星印 他の教職員等と情報交換がしたい。(2)

 星印 広島県内の国際理解教育の現状・指導状況について知りたい。(2)

 星印 国際理解教育の意義について考えたい。(1)

 星印 総合的な学習の時間「国際理解」の具体的な実践に結びつくものを得たい。(1)

 星印 「現職教員特別参加制度」の実際について知りたい。(1)

星印 「現職教員特別参加制度」について

制度の概要に対する理解

応募したいか

人数

割合

人数

割合

とても

20人

74%

7人

29%

少し

7人

26%

3人

13%

あまり

0人

0%

7人

29%

全く

0人

0%

7人

29%

27人

100%

24人

100%

 ※「現職教員特別参加制度」に応募したいかという問いに対し,「あまり」「少し」と回答した者の理由は,すべて「応募要件の年齢を満たさないため」であった。同時に,シニアまで拡大されれば応募したいとの記述での回答が2件あった。

星印 グループ別討議について

(1)希望した内容が討議で取り上げられたか

(2)自分の意見を述べたり分からないことを質問できたか

人数

割合

人数

割合

とても

8人

31%

7人

27%

少し

12人

46%

12人

46%

あまり

6人

23%

7人

27%

全く

0人

0%

0人

0%

26人

100%

26人

100%

星印 最も参考になった内容

 星印 各学校での国際理解教育の進め方,実践事例,手法(JICAや留学生の活用等)の共有(23)

 星印 国際理解教育は教育の根本に係っている問題だという議論,国際理解教育の重要性(3)

 星印 派遣地で実際教員として何ができるのかという議論(1)

 星印 派遣が打ち上げ花火で終わらないためにはどうすればいいのかという議論(1)

 星印 国際理解教育,開発教育の体系化の必要性(1)

 星印 日本文化をしっかりと知ることの重要性(1)

星印 もっと話し合いたかった内容

 星印 国際理解教育におけるより具体的な実践事例,実践の方法,授業展開の仕方(6)

 星印 国際理解教育のカリキュラム(2),うち1名は英語の位置づけ

 星印 派遣終了者が帰国後にできる社会貢献(1)

 星印 本日のテーマの四つの柱(1)

 星印 障害をもつ子どもの教育(1)

 星印 外国人とのふれあいにおいて何を学び取るかについて(1)

 星印 JICAの活用方策(1)

 星印 体験談の共有を授業や児童生徒への指導にどう活かせるかについて(1)

 星印 日常の国際貢献(1)

星印 会の進行及び構成について満足できたか

12人

46%

少し

13人

50%

あまり

1人

4%

全く

0人

0%

26人

100%

 星印 今後の要望事項

 星印 休憩が少なかった(2)

 星印 時間が少ない中でテーマが多かったのでは。(1)

 星印 グループ討議をするにはメンバーの立場が様々で,共通のテーマで話すには難しかったです。(1) 

 星印 体験を通しての感想や学びを中心に聞きたかったです。制度的なことが三者で重複していて残念でした。(1)

 星印 もっといろんな人と話がしたかった。(1)

 星印 帰国報告をされた先生と別のグループだったので残念だった。もっと話を聞きたかった。(1)

星印今後,このような研修会が開催された場合,どのような内容を期待するか

 星印 帰国報告の充実化(現地での詳しい活動内容,応募の動機と自身の変容,実践事例)(3)

 星印 半日では少ない,ワークショップを取り入れるなど,1日かけて研修してほしい。(3)

 星印 国際理解教育の教材資料,教材化について検討したい。(2)

 星印 国際理解教育のカリキュラムをどう作るかについて知りたい。(1)

 星印 授業の実践の手法(1)

 星印 派遣終了者は帰国後どう国際理解教育を進めていくべきか。(1)

 星印 JICAの意見を聞いたり,JICAと討論をしたい。(1)

星印 国際理解教育のための取り組み状況

11人

44%

現在はないが興味がある

14人

56%

興味がない

0人

0%

25人

100%

※現在の活動状況としては,

  • 広島県国際理解教育研究協議会(4名)
  • 開発教育協会
  • CRIひろしま
  • 各研修会やセミナー参加
  • DEAR広島開発教育協会
  • 広島アジア塾
  • 放送大学(以上各1名)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。