ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 平成22年度 広島県教育賞及び広島県教育奨励賞について

平成22年度 広島県教育賞及び広島県教育奨励賞について

1 表彰の概要

 教育賞及び教育奨励賞は,学校教育,社会教育,体育・スポーツ,地域文化,教育行政分野を対象とし,教育賞は功績が特に顕著なものを,教育奨励賞は成果等が他の模範として推奨できるものを県教育委員会が表彰し,本県教育の振興・発展に寄与することを目的としています。

2 受賞者

  • 広島県教育賞 個人10名,
  • 広島県教育奨励賞 個人10名,団体 5団体

 なお,表彰式は平成23年2月3日(木曜日)に開催する予定です。

広島県教育賞

○ 個人

 (年齢は平成23年1月14日現在)

区分

氏名
(年齢)

所属・職名
(所在地)

功績等

学校教育

あたらし まつこ
新枝 マツ子
(60歳)

庄原市立庄原[しょうばら]小学校
校長
(庄原市)
 国語教育,少人数指導の充実に努め,確かな学力を育む授業を実践するとともに,思考力・表現力の育成を図る授業改善を推進した。また,生徒指導の充実に尽力し,問題行動の未然防止に成果をあげた。

かんむり ゆきこ
冠 由紀子
(60歳)

安芸太田町立戸河内[とごうち]小学校
校長
(安芸太田町)
 組織的な学校経営と教育研究の推進に尽力し,児童の体力つくり,学力向上に大きな成果をあげた。また,積極的に地域連携を進め,開かれた学校づくりの推進に大きな成果をあげた。

ふじわら ふみゆき
藤原 二三幸
(60歳)

庄原市立庄原[しょうばら]中学校
校長
(庄原市)
 県北部の小中学校長を歴任し,造形教育の充実に尽力するとともに,キャリア教育,思考力・表現力の育成をめざした授業改善,生徒指導の充実に取り組み,大きな成果をあげた。

やまだ しげのり
山田 重則
(60歳)

広島市立幟町[のぼりちょう]中学校
校長
(広島市)
 広島市公立中学校長会会長として,中学校教育の充実・発展に寄与した。また,生徒の規範性を育む取組に尽力するとともに,「聴く力」を育てる授業づくりを推進し,生徒の確かな学力の定着に成果をあげた。

なかい まさひろ
中井 正博
(60歳)

広島県立広島中央[ひろしまちゅうおう]特別支援学校
校長
(広島市)
 中途退学の未然防止等生徒指導上の諸問題の解決に尽力し成果をあげた。また,特別支援学校において,職業教育の推進,授業研究や生徒指導研修の充実に取り組むとともに,教職員の指導力向上に尽力した。

くらなが きょうこ
倉永 恭子
(72歳)

広島県臨床心理士会
前会長
(東広島市)
 広島県スクールカウンセラー活用事業に係る人員配置のコーディネーターやスクールカウンセラーのスーパーバイザーとして,事業の充実と人材育成に貢献し,児童生徒の心のケアに尽力した。
社会教育

なかしま たけこ
仲島 武子
(74歳)

広島県地域女性団体連絡協議会
副会長
(広島市)
 長年にわたり女性会活動を通した地域活動を展開し,女性会の組織強化と活性化に努めるとともに,青少年の健全育成など地域に密着した諸問題に取り組み,常にリーダーとして,社会教育の充実・発展に貢献した。
体育・
スポーツ

いのうえ かつし
井上 勝司
(62歳)

財団法人広島県水泳連盟常務理事
(広島市)
財団法人福山市体育協会 理事
(福山市)
 各種水泳競技大会の充実及びスポーツバンク開設によるスポーツ人口の拡大に尽力し,福山市のスポーツ振興に貢献した。また,上級審判員として本県水泳競技の発展に成果をあげた。

やながわ だいろく
柳川 大六
(72歳)

安芸高田市体育協会
副会長
(安芸高田市)
 旧高宮町体育協会の審判部立ち上げを始め,総合型地域スポーツクラブ「いきいきクラブたかみや」の設立・運営等,安芸高田市の競技及び生涯スポーツの振興・発展に長年にわたり貢献した。
地域文化

せき たろう
関 太郎
(76歳)

廿日市市文化財保護審議会 委員長
(廿日市市)
広島市文化財審議会 委員
(広島市)
 長年にわたり廿日市市などの文化財保護審議会委員等として県内文化財の保護と活用に尽力するとともに,県内の植物に関する数多くの調査報告や一般書を執筆し,天然記念物保護の機運を高めた。

個人10名

広島県教育奨励賞

○ 個人

(年齢は平成23年1月14日現在)

区分

氏名
(年齢)

所属・職名
(所在地)

功績等

学校教育

かわばた ひろのり
河端 宏範
(49歳)

呉市立長迫[ながさこ]小学校
教諭
(呉市)
 児童の生活と結び付いたエネルギー教育を研究・推進し,生活の中でエネルギーを大切にし,無駄にしない児童の育成に効果をあげている。

どい みき
土井 美樹
(40歳)

三原市立三原[みはら]小学校
栄養教諭
(三原市)
 栄養教諭として,児童の食への関心を高めるとともに,食育劇など独自の取組や地場産物を積極的に活用した給食の実施などにより,食育の充実に貢献している。

しだ たかとし
志田 孝敏
(47歳)

府中市立府中[ふちゅう]中学校
教諭
(府中市)
 論理的思考力の育成につながる授業改善による「ことばの教育」の充実や,小中一貫教育の推進に尽力している。野球部顧問としても,中国大会で準優勝させるなど高い指導力を発揮している。

ばんしょうや じゅんじ
番匠谷 淳司
(52歳)

東広島市立志和[しわ]中学校
教諭
(東広島市)
 野球部顧問として卓越した指導力をもって,中国大会,全国大会に出場させるなどの成果をあげている。教科指導においても,生徒の心身の健康と体力の増進に努め,保健体育科教育の推進に貢献している。

そねだ きくお
曽根田 喜久夫
(51歳)

広島県立庄原実業[しょうばらじつぎょう]
高等学校
教諭兼実習教諭
(庄原市)
 園芸や食品分野の新技術等の習得に努め,農業教科における実験や実習に意欲的に取り組むほか,農業技術大学校との連携によるカリキュラム開発において中心的役割を担うなど,本県農業教育の推進に貢献している。

ふじい きよし
藤井  潔
(37歳)

広島県立広島皆実[ひろしまみなみ]
高等学校
教諭
(広島市)
 サッカー部の顧問として,「全国高校サッカー選手権大会」において,平成20年度に全国優勝,平成22年度にも全国大会出場に導くなど,常に県内トップレベルのチームを育成し,卓越した指導力を発揮している。

やの きよみ
矢野 清美
(42歳)

広島県立呉[くれ]特別支援学校
教諭
(呉市)
 教育相談主任として,県内の学校等で発達障害に関する校内研修の講師を務めるほか,自主研究会をするなど,地域の特別支援教育のセンター的機能の発揮や教職員の専門性の向上に貢献している。

体育・
スポーツ

なかの しげる
中野 繁
(53歳)

財団法人広島陸上競技協会
常務理事
(広島市)
 平成17年以降,国体の監督として,毎年入賞者を輩出している。各種スポーツ教室で,小学生の指導をボランティアで行うなど,競技の普及に尽力し,本県陸上競技の振興・発展に貢献している。
地域文化

あわね ひとし
粟根 仁志
(42歳)

しっぽうやき      
七宝焼工芸作家
公益社団法人日本七宝作家協会
理事
(広島市)
 日本工芸会正会員に認定されるなど,伝統工芸作家として高い技術を有している。子どもを対象とする体験教室の講師を務めるなど,地域文化の振興や後進の育成に貢献している。

やまね ひろなり
山根 宏造
(47歳)

おすなやき     
宮島御砂焼工芸作家
(廿日市市)
 日本工芸会正会員に認定されるなど,伝統工芸作家として高い技術を有している。子どもを対象とする体験教室の講師を務めるなど,地域文化の振興や後進の育成に貢献している。

 ○ 団体 

区分

団体名
(所在地)

功績等

学校教育安芸高田市立可愛[えの]小学校
(校長 中井[なかい] 純子[ じゅんこ])
(安芸高田市)
 算数科における学力の課題に対し,評価を生かした授業改善を進め,指導と評価の一体化の研究を行っている。学力調査において成果をあげており,学力向上を着実に進めている。
三次市立作木[さくぎ]小学校
(校長 西田[にしだ] 早苗[さなえ])
(三次市)
 へき地教育に関する研究を推進しており,基礎・基本の定着と地域と連携した教育に取り組んでいる。6年間の学びの基礎・基本をまとめた冊子を活用し,確実に学力の定着を図っている。
東広島市立原[はら]小学校
(校長 宮丸[みやまる] 伸恵[のぶえ])
(東広島市)
 古典検定の開発と実施,授業モデルの開発,落語体験,「和楽タイム」の実施などを通じ,伝統的な言語文化を尊重する先進的な取組を行っている。和文化教育の先駆者として評価が高く,伝統文化を尊重する教育の拠点として貢献している。
福山市立至誠[しせい]中学校
(校長 村上[むらかみ] 緑[みどり])
(福山市)
 「ことばの教育」に重点を置いた授業づくりを進め,生徒の表現力の育成をめざして,積極的に教育研究に取り組んでいる。中学校学力向上対策事業においても成果をあげている。
社会教育大柿自然環境体験学習交流館
(さとうみ科学館)
(館長 西原[にしはら] 直久[なおひさ])
(江田島市)
 島嶼部ならではの自然をテーマにした学習や科学研究の支援,自ら学び考える力を育てる学習活動の場の提供など,地域の特性を生かした環境教育・理科教育の充実に大きく貢献している。

個人10名5団体

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。