ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 平成21年度 広島県教育賞及び広島県教育奨励賞について

平成21年度 広島県教育賞及び広島県教育奨励賞について

1 表彰の概要

 教育賞及び教育奨励賞は,学校教育,社会教育,体育・スポーツ,地域文化,教育行政分野を対象とし,教育賞は功績が特に顕著なものを,教育奨励賞は成果等が他の模範として推奨できるものを県教育委員会が表彰し,本県教育の振興・発展に寄与することを目的としています。

2 受賞者

  • 広島県教育賞 個人10名,
  • 広島県教育奨励賞 個人10名,団体 5団体

 なお,表彰式は平成22年2月12日(金曜日)に開催する予定です。

広島県教育賞

○ 個人 

 (年齢は平成22年1月8日現在)

区分

氏名
(年齢)

所属・職名
(所在地)

功績等

学校教育

はまはら いずみ
浜原  泉
(60歳)

福山市立金江[かなえ]小学校
校長
(福山市)
 音楽教育や道徳教育の推進に尽力し,豊かな情操を育む授業実践を行ってきた。また,教職員への的確な指導・助言を行いながら教育研究を推進し,児童の基礎学力向上や豊かな心の育成に尽力した。

すがかわ さとゆき
菅川 知由
(58歳)

北広島町立芸北[げいほく]小学校
校長
(北広島町)
 芸北地域の小規模校において,積極的に授業公開を行い,複式指導の充実に努めた。また,へき地教育における研究推進の中心的役割を担い,へき地教育の充実に大きく貢献した。

たなか よしみち
田中 祥通
(60歳)

広島市立高取北[たかとりきた]中学校
校長
(広島市)
 広島市公立中学校長会会長として豊かな見識と実践を生かして,中学校教育の充実と発展に貢献した。また,地域と連携したボランティア活動等,開かれた学校づくりに成果をあげた。

なかむら けいすけ
中村 計助
(59歳)

安芸高田市立甲田[こうだ]中学校
校長
(安芸高田市)
 生徒指導に情熱を注ぎ,組織的な生徒指導体制を確立し,課題解決に尽力した。また是正指導に対しても指導力を発揮し,法令等に基づいた学校運営を強力に推進した。

さかもと しんぺい
坂本 眞平
(59歳)

広島県立安古市[やすふるいち]高等学校
校長
(広島市)
 進学指導重点校・拠点校の校長を歴任し,各教員の課題を明確に示して授業改善を推進するなど,組織的な学力向上対策に取り組むことにより,本県の学力向上及び大学進学率向上に貢献した。
社会教育

もりた じゅそう
森田 壽三
(74歳)

廿日市市
社会教育委員
(廿日市市)
 廿日市市において,社会教育委員,生涯学習推進本部委員等を務め,社会教育・生涯学習の振興に係る施策に対して建議するなど,長年にわたり,社会教育の推進に貢献した。
体育・
スポーツ

なべしま かずひと
鍋島 一仁
(62歳)

NPO法人ひろしまレクリエーション協会 会長
(広島市)
広島県レクリエーション協会 
副会長
(広島市)
 永年レクリエーションの普及振興に取り組んでおり,レクリエーションの指導者養成を始め,県,市,関係団体等と連携し,多様なイベントや広報活動で地域づくりや人づくり等に貢献した。
地域文化

らい きいち
頼 祺一
(68歳)

元広島県文化財保護審議会
会長
(広島市)
 永年にわたり広島県文化財保護審議会会長及び委員として県文化財保護行政の推進に貢献したほか,県内にある未整理の古文書の悉皆調査を行うなど本県の文化財の掘り起こしに大きく尽力した。

よこやま はるあき
横山 晴明
(74歳)

のうがくこうりゅうこつづみがたしょくぶん
能楽幸流小鼓方職分
(広島市)
 能楽幸流小鼓方として重要無形文化財総合認定を受けるとともに,幸流小鼓方幸正会代表として,後進の育成,国内外において我が国の古典芸能である能楽の普及に大きく貢献した。

おおしま まさのぶ
大島 政允
(67歳)

のうがくきたりゅうしてかたしょくぶん
能楽喜多流シテ方職分
(福山市)
 能楽喜多流シテ方として重要無形文化財総合認定を受けるとともに,大島家四代目として,後進の育成,国内外において我が国の古典芸能である能楽の普及に大きく貢献した。

個人10名

広島県教育奨励賞

○ 個人

(年齢は平成22年1月8日現在)

区分

氏名
(年齢)

所属・職名
(所在地)

功績等

学校教育

どい いずみ  
土居 いずみ
(46歳)

東広島市立中黒瀬[なかぐろせ]小学校
教諭
(東広島市)
 自らが指導するマーチングバンドクラブが全国大会に数多く出場し入賞を果たす等,卓越した指導力を発揮している。教科指導においても,小学校の音楽科教育の推進に貢献している。

ふくだ さとこ
福田 諭子
(43歳)

広島市立荒神町[こうじんまち]小学校
教諭
(広島市)
 難聴教育,言語障害教育等に関する高い専門性と指導力を発揮し,広島市の特別支援教育の研究推進において中心的役割を担い,特別支援教育の推進に大きく貢献している。

ひがき なおみ
檜垣 直美
(52歳)

呉市立吉浦[よしうら]小学校
栄養教諭
(呉市)
 栄養教諭として食育の充実に積極的に取り組み,独自のカリキュラム開発や地域の食材を使ったオリジナルメニューを考案・普及し,食育への関心を高めることに貢献している。

みなと かずあき
湊 和昭
(45歳)

呉市立昭和北[しょうわきた]中学校
教諭
(呉市)
 技術部顧問として,生徒にものづくりの楽しさや大切さを継続的に指導し,「エネルギー利用」技術作品コンテストにおいて入賞させるなど,卓越した指導力を発揮している。

しんたく けいこ
新宅 啓子
(49歳)

世羅町立世羅[せら]中学校
教諭
(世羅町)
 教科指導において,優れた専門性と指導力を発揮し,言語技術の活用や,思考力・表現力を高める指導方法の研究・実践の中心として継続的に取り組み,「ことばの教育」の充実に貢献している。

わかみや さとし
若宮  智
(42歳)

広島県立宮島工業[みやじまこうぎょう]
高等学校
教諭
(廿日市市)
 環境・エネルギーに配慮したものづくり教育を推進し,「エネルギー利用」技術作品コンテストにおいて平成16年度以降3度にわたり文部科学大臣奨励賞等を受賞させるなど,卓越した指導力を発揮している。

ふじわら やすゆき
藤原 康行
(39歳)

広島県立湯来南[ゆきみなみ]高等学校
教諭
(広島市)
 黒瀬高等学校・湯来南高等学校において,和太鼓部の顧問として,「全国高等学校総合文化祭」及び「国民文化祭」出場に導くなど,卓越した指導力を発揮している。

いわもと しんや
岩本 真弥
(44歳)

広島県立世羅[せら]高等学校
教諭
(世羅町)
 陸上部の顧問として,「全国高等学校駅伝競走大会」において,平成17年度に準優勝,平成18年度及び平成21年度に優勝に導くなど,卓越した指導力を発揮している。
体育・
スポーツ

ふじかわ ゆきのり
藤川 幸徳
(40歳)

広島県ソフトテニス連盟 
常務理事
(広島市)
NTT西日本広島ソフトテニスクラブ
男子監督
(広島市)
 監督として,全日本選手権の前人未踏の8回目優勝を果たす等,本県ソフトテニス競技の普及・発展に大きく貢献している。また,本県の国体選手強化やジュニア層の強化育成にも力を注いでいる。

まつき ゆうじ
松木 裕二
(41歳)

広島県アーチェリー協会 
理事
(広島市)
デオデオアーチェリー部
監督
(広島市)
 指導した選手を,世界選手権大会で団体3位,日本男子32年ぶり3度目のメダル獲得に,また,国体の監督としても,昨年の競技別天皇杯に導く等,本県アーチェリー競技の発展に貢献している。

○ 団体

区分

団体名
(所在地)

功績等

学校教育

福山市立旭丘[あさひがおか]小学校
(校長 枝廣[えだひろ] 美惠子[みえこ])
(福山市)

 国語科を中心に,積極的に教育研究に取り組んできており,福山市における学校教育の牽引校としての大きな役割を果してきた。児童に筋道を立てて考える力と表現力を育てる研究に尽力している。
三次市立田幸[たこう]小学校
(校長 兼丸[かねまる] 裕子[ひろこ])
(三次市)
 生命尊重を基本にした道徳教育を進め,生命尊重の意識を高めるプログラムを開発し実践を重ねている。また,地域を題材とした自作資料の開発にも力を入れ取り組んでいる。
三原市立三原[みはら]小学校
(校長 森谷[もりたに] 浩[ひろし])
(三原市)
 知・徳・体の基礎・基本を徹底し,児童の「生きる力」を育む研究を進めており,三原市の学校教育をリードしている。特に,幼稚園との連携を進め,「小1プロブレム」の課題解決に努めている。
呉市立東畑[ひがしはた]中学校
(校長 横山[よこやま] 知央[ともひさ])
(呉市)
 生徒指導上の課題解決に取り組み,最近5年間で,不登校生徒数が86%,暴力行為件数が96%減少するという成果を上げ,生徒の変容によって,保護者・地域の学校への信頼も高まっている。
社会教育呉ストーリーテリング研究会
(代表者 小林[こばやし] いづみ)
(呉市)
 平成12年に発足して以来,毎月1回の研究会での研鑽を生かしたストーリーテリング,読み聞かせ等を行うなど,読書活動の推進に尽力しており,今後の活動が期待される。

個人10名5団体

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。