ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 平成16年度 広島県教育賞及び広島県教育奨励賞について

平成16年度 広島県教育賞及び広島県教育奨励賞について

 1 表彰の概要

 教育賞及び教育奨励賞は,学校教育,社会教育,体育・スポーツ,地域文化,教育行政分野を対象とし,教育賞は功績が特に顕著なものを,教育奨励賞は成果等が他の模範として推奨できるものを県教育委員会が表彰し,本県教育の振興・発展に寄与することを目的としています。

2 受賞者

  • 広島県教育賞 個人10名
  • 広島県教育奨励賞 個人 8名,団体7団体

広島県教育賞

○ 個人 10名

 (年齢は平成17年3月31日現在)

区分

名前(年齢)

所属・職名
(所在地)

功績等

小学校

くりはら きよし
栗原 潔
(60歳)

福山市立伊勢丘小学校
校長
(福山市)
 豊かな識見と経験に基づいて的確な学校経営を行い,研究活動の活性化に尽力したほか,広島県連合小学校長会副会長などの要職を努め,教育改革の推進に貢献した。
中学校

たつかわ ごろう
辰川 五朗
(60歳)

三次市立三和中学校
校長
(三次市)
 豊かな行政経験を生かし,一貫して教育の中立性の確保に努めるなど適正な学校経営を行い,強力なリーダーシップをもって教職員の指導力向上に努め,学力向上に貢献した。

ながさと よしおみ
 ながさと よしおみ
(60歳)

福山市立済美中学校
校長
(福山市)
 基礎学力の向上,生徒指導の推進及び不登校対策といった課題に取り組み,地域に信頼される学校づくりに尽力したほか,広島県公立中学校長会副会長などを務め,県民に信頼される公教育の確立に貢献した。
高等学校

おだわら みきお
小田原 幹男
(60歳)

県立呉宮原高等学校
校長
(呉市)
 数学教育の振興に尽力したほか,呉宮原高等学校において本県教育改革の柱の一つである学力向上対策に取り組むなど,地域に信頼される特色ある学校づくりに努めた。
社会教育

ささき きよとし
佐々木 清俊
(61歳)

元戸河内町
社会教育委員
(安芸太田町)
 地域の中軸として生涯学習活動の推進に尽力するとともに,中山間地域・少子高齢化地域の社会教育・生涯学習のあり方を調査・研究を通し,県全体の生涯学習・社会教育の推進に大きく寄与した。

みうら せいこ
三浦 精子
(68歳)

広島県立図書館友の会
副会長
(広島市)
 児童文学者として県内児童文学の発展に寄与するとともに自ら主宰する文庫での活動を通じて子どもの読書活動の普及に貢献するなど,読書活動に関する生涯学習の発展に貢献した。
体育・
スポーツ

あさはら あきら
浅原 晃
(78歳)

安芸高田市高宮B&G海洋センター
所長
(安芸高田市)
 剣道の指導を通して青少年のスポーツ活動の環境づくりに努め,青少年の健全育成に貢献したほか,積極的に広域スポーツ大会を誘致することで,地域のスポーツに対する意識を高めた。
地域文化

さねみつ のりゆき
實光 紀之
(78歳)

元甲山町文化財保護委員会
委員長
(世羅町)
 甲山町文化財保護委員会委員,委員長として天然記念物の保存事業に尽力したほか,地域住民の自然保護に対する意識の向上に努め,本県の希少植物・絶滅危惧種の保全に貢献した。

なかしま しるし
中島 一史
(83歳)

東城町文化財保護委員会
委員長
(東城町)
 東城町文化財保護委員会委員,委員長として文化財の掘り起こし,活用に尽力したほか,重要無形民俗文化財「比婆荒神神楽」及び「塩原の大山供養田植」の保存・継承に貢献した。

なかむら とくもり
中村 徳守
(78歳)

洋画家
(広島市)
 広島県洋画壇の重鎮として大きな役割を果たしており,広島県立美術館協議会委員ほか公職を歴任し本県芸術文化の振興に大きく寄与したほか,多くの人材育成に貢献した。

広島県教育奨励賞

○ 個人 8名

(年齢は平成17年3月31日現在)

区分

名前(年齢)

所属・職名
(所在地)

功績等

小学校

きもと みつこ
木本 三津子
(47歳)

三原市立幸崎小学校
教諭
(三原市)
 国語科教育に情熱を注ぎ各種研究大会での提案や教育誌への寄稿等多数の実績をあげているほか,「国語力向上モデル事業」の推進においては中心的な役割を果たしており,ことばの教育の推進に貢献している。

にみや はつみ
二宮 肇美
(45歳)

呉市立五番町小学校
教諭
(呉市)
 算数・数学科を中心とする研究に積極的に取り組み,授業改善等においては他の模範となっているほか,小中連携教育の推進に企画力・実行力をもって取り組み,高い評価を得ている。
中学校

はなもと こうじ
花本 幸次
(47歳)

廿日市市立阿品台中学校
教諭
(廿日市市)
 柔道の指導者として全国大会及び世界大会の優勝者を育成するなど本県柔道競技の発展及び競技力の向上に貢献しているほか,学校教育活動においても生徒指導主事としてリーダーシップを発揮している。

みずこし あきら
水越 章
(51歳)

東広島市立向陽中学校
教諭
(東広島市)
 ソフトテニスの指導者として東広島市立向陽中学校を2度の全国大会優勝に導くなどその指導力は県内外から高く評価されているほか,学校においても円滑な学校運営に寄与し,周囲から高い信頼を得ている。
高等学校

たなべ なおこ
田辺 尚子
(46歳)

県立尾道東高等学校
教諭
(尾道市)
 所属校において先進的英語教育の推進に中心的役割を果たしており,平成16年度からはエキスパート教員として教員の指導力向上に取り組んでいるほか,その指導法は高い成果をあげている。

みずた ひろみ
水田 弘見
(50歳)

県立広島養護学校
教頭
(広島市)
 肢体不自由養護学校の今日的課題への取組みの先導的役割を果たしており,地域から高い信頼を得ているほか,第28回日本肢体不自由教育研究大会で行った実践報告が金賞を受賞するなど,高い評価を得ている。
体育・
スポーツ

みうら ひでゆき
三浦 秀行
(40歳)

広島県水泳連盟
常務理事
(広島市)
 本県水泳競技力を支える有力選手を数多く育成するとともに,国民体育大会においても指導者として功績をあげており,本県水泳競技の発展・競技力の向上に貢献している。
地域文化

たぐち よしゆき
田口 義之
(49歳)

神辺町文化財保護委員会
委員
(神辺町)
 郷土史研究団体「備陽史探訪の会」会長として指導力・識見を発揮し,同団体を県内有数の郷土史研究団体に育成するとともに,広島県文化財保護指導員ほか多くの公職を歴任し,文化財の継承に貢献している。

○ 団体 7団体

区分

団体名
(所在地)

功績等

小学校大野町立大野西小学校
(校長 佐伯 陽)
(大野町)
 広島県道徳教育実践研究指定校として「こころの教育」推進に関して他校の模範となる成果をあげたほか,広島県学校経営改革モデル校としても研究を積み上げており,機動的な組織運営の確立に貢献している。
福富町立久芳小学校
(校長 東 佐都子)
(福富町)
 体験学習と問題解決学習を融合して学校周辺の環境を生かした「食づくり」を展開し高い評価を得たほか,文部科学省の「国語力向上モデル事業」指定校として基礎・基本の確実な定着に取組み,国語力の向上に大きく貢献している。
三原市立須波小学校
(校長 中宗 隆子)
(三原市)
 算数科教育の研究に優れた成果を残しているほか,文部科学省の「学力向上フロンティアスクール」指定校として先進的な研究・実践を行っており,教育研究推進のリーダー校として大きな功績を残している。
中学校広島市立温品中学校
(校長 島筒 準壮)
(広島市)
 文部科学省の「学力向上フロンティアスクール」指定校として確かな学力の定着に成果をあげているほか,「広島市学校評価システム導入モデル事業」の研究実践協力校として先進的な取組みを行い,地域に信頼される学校づくりに貢献している。
福山市立加茂中学校
(校長 木坂 末枝)
(福山市)
 全校を挙げて心の教育に取り組んでおり,文部科学省の「児童生徒の心に響く道徳教育推進事業」として道徳教育の充実に取組み,高い評価を得ているほか,障害児教育の充実・振興にも貢献している。
高等学校県立大門高等学校
(校長 吉岡 悌史)
(福山市)
 学校を挙げて部活動に取り組んでおり,とりわけ理科部を中心とした物理研究グループの活動は第47回日本学生科学賞で文部科学大臣賞を獲得するなど,他校の模範となる成果をあげており,理科教育の充実・振興に貢献している。
社会教育吉田町子どもふるさと探検隊
(隊長 芦田 宏治)
(安芸高田市)
 子どもたちを対象とした体験活動を継続して行っており,子どもたちに郷土愛を育むこと,仲間づくりを促進することで地域の青少年の健全育成に大きく貢献している。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。