ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 平成15年度 広島県教育賞及び広島県教育奨励賞について

平成15年度 広島県教育賞及び広島県教育奨励賞について

1 表彰の概要

 教育賞及び教育奨励賞は,学校教育,社会教育,体育・スポーツ,地域文化,教育行政分野を対象とし,教育賞は功績が特に顕著なものを,教育奨励賞は成果等が他の模範として推奨できるものを県教育委員会が表彰し,本県教育の振興・発展に寄与することを目的としています。

2 受賞者

  • 広島県教育賞 個人10名,団体1団体
  • 広島県教育奨励賞 個人 8名,団体4団体

広島県教育賞

○ 個人 10名

(年齢は平成16年3月31日現在)

区分

名前(年齢)

所属・職名
(所在地)

功績等

小学校ふじわら かずと
藤原 凡人
(60歳)
府中町立府中中央小学校
校長
(府中町)
 校内研修体制を確立し,教育実践を積極的に公開したほか,朝の読書活動にボランティアによる読み聞かせを取り入れるなど保護者や地域と一体となった教育活動を展開し,特色ある学校づくりの推進に貢献した。
もとくら しょうぞう
本倉 省三
(60歳)
福山市立緑丘小学校
校長
(福山市)
 豊かな見識と経験に基づいて的確な学校経営を行い,校長を中心とした学校組織の確立に尽力したほか,福山市内の小学校長のリーダーとして,地域の学校教育の充実振興に貢献した。
中学校いのうえ ゆたか
井上 裕
(60歳)
三原市立第三中学校
校長
(三原市)
 校内生徒指導体制の確立等による問題行動への徹底した取組を行い,地域に信頼される学校づくりに貢献したほか,本県英語教育,道徳教育の推進に尽力した。
けいとく ひでくに
慶徳 英邦
(60歳)
広島市立瀬野川東中学校
校長
(広島市)
 豊かな見識を基に理科教育の充実振興に寄与するとともに,広島市の中学校長の要として中心的な役割を担い,信頼される公教育の確立と校長の資質向上に貢献した。
高等学校さらだ ゆうぞう
皿田 雄三
(60歳)
県立芦品まなび学園高等学校
校長
(福山市)
 商業教育の充実振興に寄与したほか,芦品まなび学園高等学校において,単位制の弾力的なシステムを取り入れるなど全国的にもモデル校としての評価を得る新しいタイプの学校づくりに尽力した。
社会教育いずみ すみこ
泉 須美子
(72歳)
大竹市社会教育委員
(大竹市)
 大竹市社会教育委員,同市青少年育成市民会議副会長として,青少年教育の現場での経験を生かした適切な指導・助言を行うなど,青少年指導を中心とした社会教育行政の拡充及び生涯学習の推進に貢献した。 
体育・
スポーツ
やまもと ただよし
山本 忠欣
(69歳)
広島県弓道連盟
理事
(広島市)
 弓道競技の指導者として,県立広島工業高等学校を全国高等学校総合体育大会出場へ導いたほか,指導者育成にも尽力し,本県の競技力を支える指導者を数多く輩出するなど本県弓道競技の発展に貢献した。
地域文化こうの ゆきお
河野 幸夫
(72歳)
美土里町本郷はやし田保存会
顧問
(美土里町)
 美土里町本郷はやし田保存会の発足及び県無形民俗文化財の指定に尽力するなど地域のはやし田の保存・伝承に献身的な活動を行うとともに,継承者の育成等を通じて神楽の保存・伝承に貢献した。
たかもと ひとし
高本 等
(84歳)
廿日市市文化財保護審議会
委員長
(廿日市市)
 廿日市市文化財保護審議会委員,委員長として,数多くの市・県指定文化財の実現に尽力したほか,開発に伴う発掘調査,民謡・建造物調査等を通じて,文化財の保存・継承,郷土史研究に貢献した。
ふじい あきら
藤井 昭
(70歳)
広島県文化財保護審議会
委員
(広島市)
 本県はもとより中国地方各地の民俗調査を継続し,歴史書の編さん・執筆に尽力したほか,広島県文化財保護審議会委員など多くの公職を歴任し,伝統文化や歴史に対する意識を高めた。

 ○ 団体 1団体

区分

団体名
(所在地)

功績等

体育・スポーツ広島県アマチュアボクシング連盟
(会長 砂原 克規)
(広島市)
 数々の全国大会等を積極的に誘致運営し,県内にボクシング熱を高めるとともに,国民体育大会においても,平成2年以来11回の入賞,本県選手の5連覇を果たし,優秀な選手を数多く輩出するなど,本県ボクシング競技力の発展に大きく貢献した。

 広島県教育奨励賞

○ 個人 8名

(年齢は平成16年3月31日現在)

区分

名前(年齢)

所属・職名(所在地)

功績等

小学校おかざき かずこ
岡崎 和子
(51歳)
福山市立御幸小学校
教諭
(福山市)
 養護学校や小学校の障害児学級で,障害児教育において優れた実践を積み上げており,福山市の障害児教育のリーダーとして,管内の障害児教育の充実発展に貢献している。
たむら るみ
田村 留美
(46歳)
豊平町立豊平東小学校
教諭
(豊平町)
 多方面にわたり教科指導に研さんを重ね,その優れた指導力は地域から高い信頼を得ているほか,指導熱意や学力定着へ向けた研究姿勢と実践力は他の模範となっている。
ふるえ やちよ
古家 八千代
(44歳)
高野町立高野小学校
教諭
(高野町)
 一貫して作文指導に取り組み,児童・地域の高い信頼を得ているほか,その確かな指導力,作文指導を通じた国語力や豊かな心を育てる実践は,本県「ことばの教育」の推進に大きく貢献している。
中学校えびすあき かずのり
胡明 和憲
(48歳)
広島市立安佐南中学校
教諭
(広島市)
 安佐南中学校において,バレーボール部を5度全国大会出場に導くなど,本県バレーボール競技の発展,競技力の向上に貢献しているほか,学校教育活動において中心的役割を果たし,特色ある学校づくりに尽力している。
高等学校なかだ かずよし
中田一吉
(51歳)
県立熊野高等学校
教諭
(熊野町)
 陸上競技の指導者として熊野高等学校を6度全国高等学校駅伝大会出場へ導くなど,陸上競技の指導を通じて特色ある学校づくりに尽力するとともに,本県の陸上競技の発展,競技力の向上に貢献している。
ふじはら ゆうじ
藤原 勇次
(53歳)
県立三次高等学校
教諭
(三次市)
 郷土出身の文学者中村憲吉等の研究に取り組み,その研究成果を授業に取り入れるなど,生徒の表現力の育成に尽力するとともに,自らの著書を学校図書館に寄贈するなど,生徒の読書活動の推進に貢献している。
体育・
スポーツ
なかい てつゆき
中井 哲之
(41歳)
広陵高等学校
教諭
(広島市)
 広陵高等学校硬式野球部の監督として,全国選抜高等学校野球大会で2度優勝に導いたほか,多くの優秀な選手を育成しており,本県高等学校野球の普及・振興に大きく貢献している。
地域文化

いけだ あきと
池田 昭人
ごう ななだいきんじょういっこくさい
(号 七代金城一国斎)
(38歳)

漆芸作家
(広島市)
 日本伝統工芸展等で数多くの入選を果たし,平成7年には日本工芸会正会員に推挙されるなど若手の旗手として高い評価を得ているほか,こどもを対象とした出前授業の講師として青少年に漆芸の文化に親しむ取組を行うなど,伝統文化の継承・振興に貢献している。

○ 団体 4団体

 

区分

団体名(所在地)

功績等

小学校尾道市立長江小学校
(校長 豊田 博子)
(尾道市)
 広島県基礎学力定着研究校として学力向上に努め,着実な成果をあげたほか,全国的かつ総合的な学力調査に係わる研究指定校としても研究をすすめており,その実践と研究は広く学校教育の質の向上に貢献している。
福山市立水呑小学校
(校長 中村 洋美)
(福山市)
「学びの基礎・基本」と「生き方の基礎・基本」の融合を研究テーマとし,少人数指導と共感・内省のある道徳授業を目指して,多角的に研究を推進しており,他校に対してその成果を波及させている。
社会教育おのみち学校で本を読む会
「ルピナス」
(代表 藤野 八洲子)
(尾道市)
 幼・小・中・高等学校を対象に,地域で読み語り活動を積極的に行っているほか,指導者の確保にも取り組み,読み語りボランティアの養成講座を企画実施するなど,読書活動の推進に貢献している。
体育・
スポーツ
みつやの里スポーツクラブ
(会長 新本 正則)
(吉田町)
 県内で2番目に設立された総合型地域スポーツクラブであり,他の未設置市町村の模範として,また,県内の取組先進地としてリーダー的な役割を果たしているほか,地域のスポーツ団体と連携し,地域の活性化に大きな役割を果たしている。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。