ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 平成14年度広島県教育奨励賞「ひろしま教育の日制定記念特別表彰」について

平成14年度広島県教育奨励賞「ひろしま教育の日制定記念特別表彰」について

1 表彰の概要

 広島県教育奨励賞「ひろしま教育の日制定記念特別表彰」は,「ひろしま教育の日」等の制定を記念して実施する表彰であり,教育に対する県民の意識を高めるとともに,本県教育の一層の充実,発展に資することを目的としています。

2 表彰の対象

 原則として,次のいずれにも該当する団体とします。

 (1)  「ひろしま教育の日」の制定趣旨(県民総参加の教育改革等)又は「豊かな心を育むひろしま宣言」の趣旨(心の教育,道徳教育の推進等)に沿った取組を行っている団体(学校を除く。)であって,かつ,学校又は地域の教育活動を支援する取組を行っているもの
 (2) 広島県教育奨励賞を受賞した団体その他の団体であって,現在もその取組を発展,継続し,かつ,その功績が特に顕著なもの又はその成果が特に他の模範として推奨するにたると認められるもの

 3 受賞者

○ 5団体

団体名
(所在地)

功績等

赤い鳥のえほん館
(代表者 横山 静美)
(吉田町)
 高田郡内の集会所や吉田町内の保育所,幼稚園,小学校において絵本の読み聞かせを実施し,子どもたちや地域の読書活動を推進している。また,通信紙を発行し,子どもたちに心に響く本を紹介するなど,読書活動を通じた心の教育に取り組んでいる。
(社)広島県子ども会連合会シニア・リーダーズ・クラブ
(代表者 塚田 龍太郎)
(広島市)
 県子ども会連合会ジュニアリーダー(中・高校生)のOBで構成し,自己の資質の向上に取り組むとともに,ジュニアリーダーの育成活動や,県内各地域における子ども会活動の活性化を支援している。その企画力・指導力は高く,ジュニアリーダーの模範となっており,礼儀や言葉使い,マナーの指導などを通して,心の教育にも大きく貢献している。
野坂中学校区「おやじの会」
(代表者 野村 洋一)
(廿日市市)
 いじめや暴力から子どもたちを守るためには,「地域を変えるしかない」と地域の“おやじ”が街にたむろする少年たちに声をかけ始め,発足した。学校での奉仕活動や地域での子どもたちの活動支援,暴走族脱会支援など,まさに子どもたちの幸せを願った心の教育に取り組んでおり,これからの地域の活動やPTA活動のモデルとなるものである。
広島トップスポーツクラブネットワーク
(幹事長 森川 勝敏)
(広島市)
 県教育委員会等と連携し,小・中・高等学校,スポーツ少年団及び総合型地域スポーツクラブ等へ指導者,選手を派遣する「トップス広島指導育成事業」を行い,特色ある学校教育の推進や競技力の向上を図るとともに,スポーツを通じた豊かな心の教育の推進に貢献している。
府中町立府中南公民館
(館長 岩田 京子)
(府中町)
 公民館での学習成果を指導者として子どもたちに還元する講座の開設や,完全学校週5日制に対応した事業を実施するなど,子どもたちへ感動体験の機会を提供するとともに,大人と子どもの世代を超えた交流を促進する取組を行っており,これからの公民館のあり方の先進的役割を果たしている。

 →「教育の日」HOME

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。