ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 平成13年度広島県教育賞及び広島県教育奨励賞について

平成13年度広島県教育賞及び広島県教育奨励賞について

1 表彰の概要

 教育賞及び教育奨励賞は,学校教育,社会教育,体育・スポーツ,地域文化,教育行政分野を対象とし,教育賞は功績が特に顕著なものを,教育奨励賞は成果等が他の模範として推奨できるものを県教育委員会が表彰し,本県教育の振興・発展に寄与することを目的としています。

2 受賞者

平成13年度 広島県教育賞 受賞者

○個人

(年齢は平成14年3月31日現在)

区分

名前(年齢)

所属・職名
(所在地)

功績等

小学校うえだ たかゆき
上田 隆之(60歳)
吉田町立吉田小学校校長
(吉田町)
 教育委員会事務局職員として,信頼される公教育の確立に尽力したほか,吉田小学校においては,障害児教育の充実や指導方法の改善に取り組むとともに,開かれた学校づくりの推進に貢献した。
ひらはら さかえ
平原 榮(60歳)
三原市立三原小学校校長
(三原市)
 三原市の学校教育の要として,教育行政施策の推進に貢献したほか,三原小学校においては,地域・保護者との連携のもと,開かれた学校づくりを推進し,毎年,公開教育研究会を開催するなど,学校教育の充実振興に貢献した。
中学校とい たえこ
戸井 妙子(60歳)
口和町立口和中学校校長
(口和町)
 教職員の意欲を高め,授業改善を中心とした取り組みに努めるとともに,「広島県ニュースクールモデル事業」実践協力校として,総合的な学習,道徳教育を中心とした特色ある教育課程の編成等の研究に先進的役割を果たした。
高等学校きむら まさきち
木村 政吉(60歳)
県立倉橋高等学校校長
(倉橋町)
 教職員に対し適切な指導・助言を行い,教育活動の意欲を引き出し,学校運営の改善に努めたほか,カヌーを体育の授業や運動部活動に取り入れ,世界的選手を輩出するなど,地域振興にも貢献した。
体育・
スポーツ
おおなり きよし
大成 浄志(61歳)
広島大学医学部保健学科教授
(広島市)
 本県のスポーツ医学の第一人者として,国体強化指定選手を対象としたメディカルチェックを行い,選手個々の健康管理に関する意識の高揚と競技力の向上を図り,第51回国民体育大会優勝に大きく貢献した。
みやけ かつじ
三宅 勝次(58歳)
(財)広島陸上競技協会常務理事(強化委員長)
(広島市)
 陸上競技の指導者として優秀な選手を数多く輩出し,また,自ら審判員として,世界陸上,広島アジア大会及びひろしま国体等のビッグイベント運営に積極的に参画するなど本県の陸上競技の振興に寄与した。
地域文化ふじしま てるいち
藤島 輝一(68歳)
(財)文化財建造物保存技術協会参与
(福山市)
 全国各地の国指定文化財建造物の修理設計・工事監督に精励し,民家建築の保存修理技術では全国を代表する修理技術者である。県内においても福山市の寺社・民家を中心に数多くの建造物の修理に携わり,大きな実績を残した。
まつうら せんしゅう
松浦 宣秀(65歳)
蒲刈町文化財保護委員会委員長
(蒲刈町)
 蒲刈町文化財保護委員会の委員・委員長として,町内の文化財の掘り起こしに尽力したほか,古代土器製塩法の解明を行い「塩焼」法を実証し,古代の製塩を通した町興しの中心として活躍した。
やまね いつお
山根 五雄(73歳)
大野町文化協会副会長
(大野町)
 「宮島焼」を継承しつつ独自の作風を確立している陶芸作家としての数々の受賞歴に加え,陶芸教室の講師を務め,地域の指導者の養成や後継者の育成にあたるなど,地域文化向上のため貢献した。

○団体

区分

団体名(所在地)

功績等

社会教育広島県地域女性団体連絡協議会
(会長 澤井清子)
(広島市)
 青少年の健全育成を目的として,「広島っ子と心を結ぶ声のかけあい運動」を県内全市町村で実施し,地域で子どもを育てるためのさまざまな活動を展開した。また,社会教育関係団体として本県教育の推進に大きく貢献した。

個人9名1団体

平成13年度 広島県教育奨励賞 受賞者

○個人

(年齢は平成14年3月31日現在)

区分

名前(年齢)

所属・職名
(所在地)

功績等

小学校きったか ももえ
吉高 ももえ(48歳)
三次市立十日市小学校総括事務主任
(三次市)
 三次地区小中学校事務職員研究協議会会長として,事務職員の資質向上や学校事務の適正化・効率化に取り組み,成果を上げている。また,学校においては地域に開かれた学校づくりの推進に大きく貢献している。
つる まきえ
鶴 満喜枝(52歳)
尾道市立長江小学校養護教諭
(尾道市)
 健康相談の研究と実践活動を精力的に行い,実践発表を行うとともに,尾道市内の養護教諭の健康相談研修の中心として健康教育の推進に貢献している。
中学校たかき よしひと
高木 義仁(44歳)
広島市立城山北中学校教諭
(広島市)
 バドミントンの指導者として城山北中学校バドミントン部を平成元年以降12回にわたり全国大会に導き,優秀な成績を収めるなど,本県バドミントンの発展,競技力の向上に貢献している。
高等学校うまの めぐみ
馬野 恵(52歳)
県立江田島高等学校主任技術員
(江田島町)
 江田島高等学校において,永年,学校環境の整備など多様な業務を精力的に遂行しており,職務に取り組むその真摯な姿勢は,学内はもとより保護者・地域から厚い信望を得るなど,他の技術員の模範となっている。
やまもと やすのり
山本 康則(54歳)
県立吉田高等学校教諭(兼)実習助手
(吉田町)
 植物の栽培及び家畜の飼育に高い技術を有し,品質の高い教材の提供に尽力しているほか,実験・実習において教諭を的確に補佐する姿勢は他の実習助手の模範となっている。
体育・
スポーツ
なかむら ゆりえ
中村 由利江(51歳)
府中公民館ボランティアグループ「夢講座」代表
(府中町)
 府中町の公民館を中心に,住民参加の公民館運営グループの設置や青少年のための体験活動等を展開するとともに,県教育委員会の諸委員に就任し,地域で活動するボランティアの立場から県教育施策に貢献している。
かたやま みずほ
片山 美津穂(32歳)
(財)広島県水泳連盟理事
(シンクロ委員長)
(広島市)
  平成7年から国民体育大会シンクロ競技監督に就任し,数々の入賞に導くとともに,平素から国体強化・ジュニア育成に取り組むなど,本県シンクロ界の競技力向上に多大な貢献をしている。
地域文化さこ あきのり
佐古 昭典(43歳)
県立五日市高等学校教諭
(広島市)
 現代美術において,数々の公募展に出品,受賞を重ねるほか,各地で精力的に個展を開催している。また,美術教諭として生徒の創作意欲の高揚に努めるとともに,県高等学校総合文化祭美術・工芸展にも積極的に出品させるなど,美術教育の推進に尽力している。

○団体

区分

団体名(所在地)

功績等

小学校豊平町立豊平西小学校
(校長 正地 桂三)
(豊平町)
 国語科を中心とした授業創造の研究に取り組み,今年度,その成果を公開するとともに,昨年度から「わがまちの教育支援事業」に取り組み,地域の教育力を積極的に取り入れた開かれた学校づくりに成果を上げている。
東広島市立寺西小学校
(校長 竹岡 訓子)
(東広島市)
 国立教育政策研究所の教育課程研究指定校として研究に取り組み,着実に成果を上げるとともに学校評議員制度の導入,地域の人材活用やPTA活動の取り組み等の研究にも貢献している。
福山市立日吉台小学校
(校長 寺岡 信子)
(福山市)
 文部科学省研究開発校の指定を受け,「総合的な学習の時間」の教育課程の開発を積極的に推進したほか,教科及び特別活動と関連させた独自の教育課程の編成に成果を上げている。
中学校呉市立東畑中学校
(校長 佐々木 信子)
(呉市)
 新教育課程研究実践推進モデル地域事業の指定を受け,少人数指導やT.Tによる授業改善を図るとともに,各教科における基礎・基本の徹底,選択履修幅の拡大及び総合的な学習に取り組み,個を生かす教育の推進に貢献している。
東城町立東城中学校
(校長 岩田 勉)
(東城町)
 平成3年度に文部科学省の教育課程研究校の指定を受けて以来,選択履修幅の拡大,個を生かす学習指導等の実践・研究を推進し,教育課程の工夫・改善に成果を上げている。
体育・
スポーツ
広島トップスポーツクラブネットワーク
(幹事長 森川 勝敏)
(広島市)
 県教育委員会と連携し,小・中・高等学校,スポーツ少年団及び総合型地域スポーツクラブ等へ指導者,選手を派遣する「トップス広島指導育成事業」を行い,特色ある学校教育の推進や競技力の向上及び地域スポーツの普及・振興に貢献している。

個人8名6団体

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。