ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県学校教育研究団体連絡協議会 > 広島県高等学校教育研究会 総合学科部会

広島県高等学校教育研究会 総合学科部会

広島県高等学校教育研究会総合学科部会

 

 

会長 門脇 治隆(広島県立高陽東高等学校)

事務担当 岡野 克己(広島県立高陽東高等学校)

連絡先 082-843-1167  (広島県立高陽東高等学校)

 組織  

 会則

 

研究の目標等

達成目標評価指標H28
実績値
H29目標値
部会活動を充実させる。

連絡協議会への平均参加率

A:80%以上
B:60~80% 
C:60%未満

79.5%
評価B
80%以上

新学習指導要領に対応した「総合的な学習の時間」又は「産業社会と人間」の指導方法を確立する。

「総合的な学習の時間」又は「産業社会と人間」において,生徒が主体的に学んだか。

 A:80%以上
 B:60~80%
 C:60%未満

81.8%(評価A)80%以上

研究活動を活性化させる。

総合学科校のうち,「総合的な学習の時間」又は「産業社会と人間」において,アクティブラーニングを取り入れた研究授業を実施したか。

 A:80%以上
 B:60~80%
 C:60%未満

84.6%
(評価A)
80%以上

 研究の内容及び方法

(1)「総合的な学習の時間」又は「産業社会と人間」の公開授業を実施する。
(2)〈部会活動の推進について〉
 ・連絡協議会の開催(年5回を予定)
 ・第20回広島県高等学校総合学科教育研究大会においては,他県の総合学科高校等の状況報告,キャリア教育の推進,学力向上に関する取組み,魅力ある高校づくりについての内容を大会に盛り込む。(担当校→広島県立三次青陵高等学校)
 ・研究大会の大会冊子とともに総合学科の成果と課題を明確にした研究紀要を発行する。(研究の推進)
 ・「総合的な学習の時間」又は「産業社会と人間」の指導方法について研究授業を実施し,その指導方法を各校の授業に取り入れる。
 ・各学校の「総合的な学習の時間」又は「産業社会と人間」の指導内容について,その指導方法・学習形態などの資料を持ち寄り,連絡協議会などを通じて意見交換し,自校の研究活動推進に役立てていく。

 具体的な研究活動

1 第20回広島県高等学校総合学科等教育研究大会
 (1)期日 平成29年10月19日(木)
 (2)場所 広島県立三次青陵高等学校
 (3)内容

・講演「総合学科に期待すること」 講師 広島国際大学 教授 寺重 隆視
・研修会
 研究発表(1)「総合学科における学びの変革の実践」 広島県立福山誠之館高等学校 教諭 田中謙次
 研究発表(2)「生徒の自己実現に向けた取組」 広島県立神辺高等学校 教諭 池田亜弥子 

2 連絡協議会
 第1回 5月10(水) 広島県立高陽東高等学校
 第2回 9月6日(水) 広島県立高陽東高等学校
 第3回 10月4日(水) 広島県立高陽東高等学校
 第4回 10月19日(木) 広島県立大竹高等学校
 第5回 2月14日(水) 広島県立高陽東高等学校

 研究成果

・広島県高等学校教育研究会 総合学科部会「研究紀要第18号」
【配付先】総合学科部会員,県内の各県立学校及び教育関係機関に配付。(平成30年3月に発行予定)

 その他

1 第14回中国地区高等学校総合学科等教育研究大会岡山大会
(1)期日 平成29年11月17日(金)
(2)場所 岡山県立岡山後楽館高等学校(岡山市北区南方1-3-15)
2 第22回全国高等学校総合学科教育研究大会長野大会
(1)期日 平成29年10月26日(木)~27日(金)
(2)会場 長野市芸術館(長野市大字鶴賀緑町1613)ほか

 参考:前年度の研究成果

広島県高等学校教育研究会 総合学科部会「研究紀要第17号」
【配付先】総合学科部会員,県内の各県立学校及び教育関係機関に配付。(平成29年3月発行)