ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県学校教育研究団体連絡協議会 > 広島県高等学校教育研究会 保健体育部会

広島県高等学校教育研究会 保健体育部会

広島県高等学校教育研究会保健体育部会

会長 中川 実(広島県立湯来南高等学校)

事務担当 井上 奈巳(広島県立広島井口高等学校)

連絡先 082-277-1003(広島県立広島井口高等学校)

 組織

 会則

 研究の目標等

・保健体育科における「主体的な学び」について,指導すべき内容や方法について研究をする。 

  研究の内容及び方法

・保健体育科における「主体的な学び」について,深い知見をもつ講師を招聘し,研究大会を実施する。また,年2回,実際の授業を観察し,「主体的な学びの授業」について協議を行う研修会を実施する。

 具体的な研究活動

 

1 平成29年度総会及び研究大会

(1)期日:平成29年7月5日(水)
(2)場所:広島県スポーツ会館
(3)内容
ア 総会
・平成28年度報告
・平成29年度計画
イ 研究大会
演題:「保健体育科をとりまく現状と学習指導要領改訂に向けて」
講師:スポーツ庁 政策課 教科調査官 高橋 修一 様
(4)成果
・「次期学習指導要領について学ぶことができて良かった。」「子供たちに学んでもらいたい,身に付けてもらいたいことを知ることができた。」,「グループワーク形式で,他校の先生方と交流することができてよかった。」等の感想が寄せられた。
・アンケート調査では,「講演の内容は満足できるものであった。」,「授業をおこなう上で参考になった。」の項目について,「あてはまる」,「ややあてはまる」を併せると,共に100%であった。

2 研修会

(1)東部地区
ア 期日 平成29年10月30日(月)
イ 場所 県立福山工業高等学校
ウ 内容 教職経験者(6年目)研修
(2)西部地区
ア 期日 平成29年11月10日(金)
イ 場所 県立廿日市高等学校
ウ 内容 公開研究授業

 前年度研究成果

1 学習指導案
 保健 「現代社会と健康 ウ 精神の健康 (ア) 欲求と適応機制」
 高陽高等学校 教諭 池田 晋也 (Wordファイル)(384KB)

2 体育授業の指導実態について
 内容 ※ 結果については研究紀要第17号に掲載
(1) 学習意欲を促し,課題解決する能力(わかる)を高める指導の工夫
 ア 課題の明確化
 イ ICTの活用
 ウ 思考力を問う保健の問題
 エ その他
(2) 運動の楽しさや喜び(できる)を味わえるようにするための活動の工夫
 ア 場の工夫
 イ 教材の工夫
 ウ その他
(3) 協働的な学び(かかわる)を活用した指導の工夫
 ア 相互評価
 イ 学習形態の工夫
 ウ その他

 その他

 参考:平成27年度の研究成果

1 広島県高等学校教育研究会保健体育部会「研究紀要第16号」(平成28年3月発行)

2 保健体育科 学習指導案

1 広島県高等学校教育研究会保健体育部会「研究紀要第15号」(平成27年3月発行)

2 保健体育科 学習指導案
(1)「球技 ネット型 バレーボール」 広島市立沼田高等学校
教諭 空 達朗 (Wordファイル)(340KB)
(2)「球技 ネット型 バレーボール」 広島市立沼田高等学校
教諭 閑田 敏幸 (Wordファイル)(571KB)
(3)「体育理論」 広島中・高等学校
教諭 在津 文博 (Wordファイル)(307KB)
(4)「武道 弓道」 広島中・高等学校
教諭 荒石 和夫 (Wordファイル)(862KB)
(5)「球技 ネット型 バレーボール」 広島中・高等学校
教諭 田端 真理子 (Wordファイル)(992KB)
(6)「保健 生涯を通じる健康」 府中東高等学校
教諭 稲垣 貴史 (Wordファイル)(542KB)