ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県学校教育研究団体連絡協議会 > 広島県特別支援学校教育研究会 平成18年度研究報告

広島県特別支援学校教育研究会 平成18年度研究報告

研究成果へ

平成18年度 広島県特別支援学校教育研究会

研究主題

一人一人の教育的ニーズに応じた特別支援教育の推進について研究討議し,専門性の向上を図る。

教育長挨拶
教育長挨拶 
關教授講演
關教授講演  
上岡教授講演
上岡教授講演
 

あいさつ

 広島県特別支援学校教育研究大会の開催に当たり,ご挨拶申し上げます。会員の皆様,教育研究大会に多数ご参加いただきましてありがとうございます。
 本日は,広島県教育委員会教育長 関 靖直 様をはじめ多数のご来賓の皆様にはご多用の中,ご臨席をいただきましたことに厚く感謝申し上げます。

 さて,本研究会は,今年度から名称を広島県盲・ろう・養護学校教育研究会から広島県特別支援学校教育研究会に変え,特別支援教育に対応した組織作りに着手したところです。 今年度は昨年度と同様に,研究を推進するために各校から研究推進委員を出していただきました。各校のご理解のもと研究推進委員数は増えました。研究テーマは昨年度の3テーマから4テーマに増やし,研究グループのチーフを各校の教頭先生,サブチーフを各校の部主事になっていただき,教育研究大会にて発表することにしました。

 各グループとも検討会議を多く設定し,深まりのある内容の濃い発表レポートに仕上げることができたようです。

 本日の教育研究大会の研究主題は,「児童生徒一人一人の教育的ニーズに応じた特別支援教育の推進について研究・協議し,専門性の向上を図る。」ことです。今後,特別支援学校が教師の専門性を生かした授業実践を行い,施設・設備を生かした地域における特別支援教育のセンター的役割を果たしうるような役割を踏まえた学校になっていかなければなりません。そのためにも日夜研鑽に励み,専門性の向上を図っていく必要があります。

 今日の研究大会では,愛媛大学教授の上岡一世様並びに広島国際大学教授の關宏之様にご講演をいただくことになっておりますが,大変ご多用の中,快くご承諾くださり誠にありがとうございました。心からお礼申し上げます。

 また,各研究グループの指導助言をいただくことになっております広島県教育委員会特別支援教育室の竹林地室長を始め指導主事の皆様方には,教育研究会の研究推進に多大な御支援をいただき感謝申し上げます。

終わりになりましたが,本日の研修が,盲・ろう・養護学校に在籍する幼児児童生徒の教育に生かされることを祈念しまして,挨拶の言葉とさせていただきます。
 本日はよろしくお願いします。

平成18年12月27日

広島県特別支援学校教育研究会
会長 片嶋 学

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。