ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 広島がん高精度放射線治療センター > 「身近な高精度放射線治療~HIPRAC」(H28.12.17)を開催しました。

「身近な高精度放射線治療~HIPRAC」(H28.12.17)を開催しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月21日更新

医療従事者向け講座「身近な放射線治療~HIPRAC」(H28.12.17)の開催状況

 広島がん高精度放射線治療センター(HIPRAC)を医療従事者の方によく知っていただくため,「がん対策サポートドクター フォローアップ研修」の一環として,センター長が最新の放射線治療を紹介するとともに,HIPRACと連携して治療を行っている病院やクリニックの先生に講演していただきました。
 あわせて,HIPRACの一般開放を行い,最新の放射線治療装置や治療計画室などを実際に見ていただきました。

<セミナー概要>
日時平成28年12月17日(土)15:00~17:00
内容

1 基調講演「放射線治療の最前線」
 HIPRACセンター長
 広島大学大学院放射線腫瘍学教授    永田 靖 氏

2 リレー講演
 講演「クリニックから見たHIPRACとの距離感」
     秋本クリニック院長    秋本 悦志 氏

 講演「HIPRACと連携した治療の可能性」
     JR広島病院呼吸器内科部長    安武 美紀 氏

 講演「HIPRACの治療の魅力とは」
     HIPRAC副センター長    権丈 雅浩 氏

3 HIPRAC施設見学

場所広島県医師会(広島市東区二葉の里3-2-3)

写真1(リレー講演)
ご参加いただいた85名の方には,熱心に講演を聞いていただきました。

写真2(見学VERO)
施設見学では,医療スタッフが放射線治療装置等の説明を行い,多くの質問をいただきました。

  チラシ (PDF:617KB) (※画像をクリックするとダウンロードできます。)
チラシ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)