ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 広島がん高精度放射線治療センター > 広島がん高精度放射線治療センターで認定式が行われました。

広島がん高精度放射線治療センターで認定式が行われました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月12日更新

平成28年11月15日に,国際的な認定機関により,東アジアで初めて広島がん高精度放射線治療センターが世界水準の高精度放射線治療の施設として認定されました。
これを受け,平成29年1月10日(火)に認定式が行われました。

≪認定式概要≫
日時:平成29年1月10日(火)10時から
場所:広島がん高精度放射線治療センター(東区二葉の里三丁目2番2号)
出席者:ブレインラボドイツ本社副社長(Row & Japan統括責任者)    トーマス・クラフト
北海道大学大学院保健科学研究院教授    石川 正純
一般社団法人広島県医師会長    平松 恵一
広島がん高精度放射線治療センター長    永田 靖
広島県健康福祉局長    菊間 秀樹
内容:施設認定の説明
 ・ブレインラボ社
 ・認定機関審査官(北海道大学大学院 石川教授)
認定者挨拶
 広島県医師会,広島がん高精度放射線治療センター,広島県
祝辞
 広島がん高精度放射線治療センター顧問 リツココマキ氏

認定式では,認定機関を設立したブレインラボ本社のトーマス・クラフト副社長から,認定証プレートを,認定の審査官である北海道大学大学院の石川教授から,認定証の盾を授与されました。

ブレインラボ本社 トーマス・クラフト副社長より認定証プレート授与 北海道大学大学院 石川教授より認定証盾を授与

記念撮影

広島がん高精度放射線治療センター顧問であるテキサス大学MDアンダーソンがんセンター放射線腫瘍学リツココマキ教授からは,次のとおり祝辞を頂きました。

祝辞(日本語版)
リツコ・コマキ氏からの祝辞

認定式には,多くの報道陣の方に取材に来ていただきました。
認定式の様子

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)