ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > ひろしま広域スポーツセンター > 第68回国民体育大会冬季大会 スケート競技会・アイスホッケー競技会広島県選手団結団・壮行式

第68回国民体育大会冬季大会 スケート競技会・アイスホッケー競技会広島県選手団結団・壮行式

タイトル:お知らせ

第68回国民体育大会冬季大会スケート競技会・アイスホッケー競技会 広島県選手団結団・壮行式

  平成25年1月15日(火),広島県立総合体育館で,第68回国民体育大会冬季大会スケート競技会・アイスホッケー競技会に出場する広島県選手団34人の結団・壮行式が開催されました。

結団・壮行式の様子

選手宣誓の様子

 梅木広島県環境県民局長から大中 恒男団長(広島県スケート連盟会長・広島県アイスホッケー連盟会長)に授与された団旗が,旗手を務める坪田 佳子選手(スケート競技(フィギュア)成年女子)に手渡され,広島県選手団が結団されました。
 下崎広島県教育委員会教育長,加藤広島県体育協会会長からの壮行のことばに続き,広島県知事と広島県議会副議長の激励のことばが選手団に贈られました。
 谷本 光選手(スケート競技(ショートトラック)少年女子)が選手を代表して,「今まで培ってきた技と力を十二分に発揮します。」と力強く宣誓しました。
 昨年は,スケート競技の2種目で入賞を果たしました。
 今年も是非,第68回国民体育大会のスタートとなるこの競技会で好成績を収め,続くスキー競技会及び秋の本大会への弾みとなるよう活躍を祈っています。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。