ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国際大会に出場する三次高等学校の河名真寿斗選手が教育長を表敬訪問

印刷用ページを表示する掲載日2012年7月18日

タイトル:お知らせ

国際大会に出場する三次高等学校の河名真寿斗選手が教育長を表敬訪問

 6月28日(木),7月5日(木)から8日(日)にかけてキルギス共和国ビシュケク市で開催される「2012年第12回アジアカデットレスリング選手権大会」に,日本代表として出場する県立三次高等学校の河名真寿斗(かわな ますと)選手が教育長を表敬訪問しました。
 河名選手は「初めての国際大会ですが,世界に臆することなく自分の力を出し切りたい。また,キルギス共和国の文化にも触れて帰りたい。」と三次高等学校の伝統である文武両道の精神で戦ってくると抱負を述べました。
 これに対し,教育長は「汝自身を知り,律し,挑め」と書かれた色紙を贈呈し,エールを送るとともに,「将来はオリンピックを目指していますか。」と尋ねたところ,河名選手は力強くうなずきました。

表敬の様子 表敬の様子

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする