ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > ひろしま広域スポーツセンター > 平成21年度第2回クラブサポートリーダー研修会実践報告概要

平成21年度第2回クラブサポートリーダー研修会実践報告概要

タイトル:お知らせ

平成21年度第2回クラブサポートリーダー研修会

実践報告概要

1 第3回しまなみ健康祭りの見学及びプログラムへの参加

(1)グラウンドの芝生化見学

 今年3月末で閉校となる三庄中学校のグラウンド周辺部を芝生化している。

グラウンドの芝生化

(2)クラブハウス見学

 クラブハウスは,平成18年に,旧因島市の予算で建築された。
 現在は尾道市の行政財産となっており。三庄中学校の体育館等と併せて,NPO法人しまなみスポーツクラブが使用している。

しまなみ健康祭り しまなみ健康祭り しまなみ健康祭り

(3)福祉サークル等見学

 福祉サークルは,グラウンドゴルフやミニテニスなどを行うことが難しくなった高齢者が参加して いる。 毎週参加者が顔を合わせ,交流する場となっている。

2 実践発表1

(1) 「しまなみ健康祭り」及びクラブの運営について

 ・ NPO法人しまなみスポーツクラブの拠点である因島は,最も多い時期の人口が42,000人であったが,現在26,000人と激減しており,高齢化率も高い。
・ クラブは平成14年に設立した。その後,社会貢献を目的に,平成18年にNPO法人格を取得した。その記念の意味もあり,芝生化に取り組んだ。運動会前には,小学生が芝生の上で側転や前方宙返りの練習をしたり,親子でキャッチボールを行うなど,多くの人が利用している。子どもが卒業した後も,保護者が芝生の管理に学校を訪れるような地域の取組になれば良いと考えている。
・ 「しまなみ健康祭り」の目的は,日ごろは縦のつながりしかない会員の横のつながりや親睦を深めることである。今日のグラウンドゴルフ大会は,NPO法人しまなみスポーツクラブのグラウンドゴルフ部と三庄地区のグラウンドゴルフ部が一堂に会しての大会である。
・ 「水軍祭り」の後のクリーン作戦や,遊休地50,000平方メートルの年3回の草刈りなど地域貢献にも力を入れている。

(2) 意見交換

 芝生化については,ガソリンの使用量,肥料の量,散布した水の量などをデータとして残し,環境への影響にも十分に配慮する必要がある。

しまなみ健康祭り しまなみ健康祭り しまなみ健康祭り

3 実践発表2

 神石高原町では,町体育協会,町体育指導委員協議会,小・中学校長の代表,町内スポーツ少年団,町教育委員会で構成する子どもの体力向上地域連携協議会を立ち上げ,学校での行事開催などによる地域と学校との連携を図るため,次のような取組を行っている。

実践発表2

(1)「地域でのいろんなスポーツ!トップアスリートに学ぼうDay」

 技術向上を目指すものでなく,トップアスリートの豊かな経験と卓越した技術のもとで,指導を受け,スポーツに対する夢・希望を与え,スポーツが好きになるきっかけを作る。

(2)「地域でいろんなスポーツをやってみようDay」

 イベント色の強い行事にゲーム感覚で参加することにより,運動への興味を引き出す。

(3)「体力検定しようDay」

 スポーツクラブ指導者や保護者が一緒に体力検査をすることにより,子どもたちの体力の状況を把握するとともに,結果表を個々へ返すことで,指導者・保護者が子どもの体力について問題意識を持って改善を図ることにつなげる。

(4)「親子でスポーツしようDay」

 親子でスポーツを行うことにより親子の絆を深めるとともに,スポーツを始めるきっかけ作りとする。

(5)「地域でいろんなスポーツ!参加しようDay」

 町内のスポーツクラブやスポーツ教室への新規参加者を集めるため,各団体間の交流会や,サークルへの体験入部等を実施し,子どもの体力向上を目指す。

(6)グラウンド芝生化の取組

 平成20年度から社会体育施設・学校施設を中心に,ボランティアの手でグラウンドを芝生化する活動をしている。

4 情報交換

 クラブ関係者の2グループ及び行政関係者に分かれて,それぞれのクラブの特徴的な取組の紹介や,抱える課題についての意見交換が行われた。

○ トライアスロンの選手をクラブの所属としてバックアップし,子どもたちの育成に活用していくプランを現在検討中である。宮島でトライアスロン大会が行われていることもあり,地元活性化に役立てたい。
○ 理学療法士3人がクラブで活躍し,中学校の部活動と連携を図るなどの取組を行っているが,十分な報酬を支払うための財源の確保に課題がある。
○ クラブ運営の後継者育成の観点からも,若い人を理事に入れる必要があり,昨年理事の半分が交代した。二十数名の理事のうち,20歳代が半数となった。役割分担はしっかりしており,提案等は,企画会議を経て,理事会にかけられる。「失敗しても良いから,やりたいことはまずやってみる。」という考えでクラブを運営している。

情報交換 情報交換 情報交換

 

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。