ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > ひろしま広域スポーツセンター > スポーツ指導者派遣事業「みわスポーツクラブ」Part2

スポーツ指導者派遣事業「みわスポーツクラブ」Part2

広島県内総合型地域スポーツクラブ訪問日記

スポーツ指導者派遣事業 みわスポーツクラブ(三次市三和町)

派遣日時:平成21年9月10日(木曜日), 17日(木曜日), 24日(木曜日) 午前10時から2時間
派遣先:みわスポーツクラブ
場所:みわ保健センター
内容:スポーツ指導者派遣事業 ルーシーダットン 

 三次市三和町にある「みわスポーツクラブ」を訪問しました。平成21年度スポーツ指導者等派遣事業を利用して,「ルーシーダットン」を3回シリーズで行いました。

 ルーシーダットンとは,タイ語で「仙人体操」と呼ばれており,タイで古くから伝わる健康法です。日本語に訳すとルーシーは「仙人」,ダッは「ストレッチ」,トンは「自分」で,「自己整体」という意味になります。ポーズは約120もあるそうで,3,000年近く前からタイの寺院の修行僧に伝わる伝統の健康法だそうです。

 特徴の1つ目は,他の体操のように卓越した身体の柔軟性や筋力,体力が要求されるものではなく,誰でも最初から効果を実感できるポーズが多いこと,2つ目は,呼吸法は一般的なヨガや西洋式ストレッチとは異なり,筋肉を伸ばしたりストレスを与えるときに息を吸い,完成のポーズで息を止め,元の位置に戻るときにゆっくり吐くこと,3つ目は,複数のSEN(経路)と血流,リンパの流れを意識したポーズが多いこと,そして,4つ目は,「タイ古式マッサージ」を基本とし,行う前後の変化に気付きながら自分をケアする方法であるということが挙げられます。

「ルーシーダットン」教室 「ルーシーダットン」教室 「ルーシーダットン」教室

「ルーシーダットン」教室

 こうした基本の説明を受けた後,実際にルーシーダットンを行っていきました。まず初めに立ち前屈を行い,どのくらい身体が曲がるかを確認しました。

 次に,基本となる「呼吸法」の練習から始まりました。大きく呼吸をすることで,体の中からポカポカしてきました。5秒間鼻から息を吸って,3秒間止め,そして5秒間口からゆっくりと息を吐くというのが基本です。

 次に,ポーズをとっていきました。難しいポーズが多いかと思ったのですが,本当にだれでも簡単にできるポーズでした。参加された方で,足が痛いと言われていた方でも,ポーズを無理なくとることができていました。

 約10種類のポーズを1時間30分かけてゆっくり行った後,再度立ち前屈を行ってみると,みなさん最初よりも前屈ができていました。

「ルーシーダットン」教室

 参加された方は,「今までこんなに前屈ができたことがなかった。」「気持ちよかった。」と,簡単なポーズで身体の柔軟性が増したことに大変驚かれていました。私も実際にやってみました。身体の中がポカポカしてきて本当に気持ちがよく,全身がほぐれたように感じました。私も,前屈をしてみましたが,最初より曲がったので,大変驚きました。

 3回シリーズすべてに来られた参加者もおられ,みわスポーツクラブでは,ルーシーダットンがちょっとしたブームになっていました。

 現在三和町では,農作業が一番忙しい時期です。そうした時に「自己整体」が簡単にできると町の人たちの疲労も少しは軽減されるのではないかと思います。

 ルーシーダットンはまだ日本に入ってきたばかりですが,これから一つのフィットネスとして普及していくでしょう。並行して,みわスポーツクラブも発展していくのが楽しみです。

みわスポーツクラブの詳細はこちらから

 

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。