ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > ひろしま広域スポーツセンター > スポーツ指導者派遣事業「みわスポーツクラブ」Part1

スポーツ指導者派遣事業「みわスポーツクラブ」Part1

広島県内総合型地域スポーツクラブ訪問日記

スポーツ指導者派遣事業 みわスポーツクラブ(三次市三和町)

派遣日時:平成21年7月17日(金曜日) 20時00分~22時00分
派遣先:みわスポーツクラブ
場所:みわ保健センター大会議室
内容:クラブの管理運営指導
参加者:会員・一般参加者 計20名 

 どんぐりクラブ屋台村の関口昌和氏による,クラブの管理運営指導が行われました。

 参加者は,みわスポーツクラブの発展に思いを寄せる20名の方々です。

 総合型地域スポーツクラブの管理運営の基本についての説明が,パワーポイントを使用してわかりやすく行われました。

 まず,自主財源100%で運営している他県のクラブの事例紹介から始まりました。会費・協賛金などの財源確保の手段や,その財源の内訳についてグラフ化すると,どういったクラブ運営を行っているかが,誰でもわかるようになると説明されていました。

 さらに他のクラブとの比較を進めることで,自分達の運営するクラブと似たクラブを発見し,そのクラブを視察することが大切だと言われていました。また,視察する際は,意見交換ができ,今後のクラブ運営のヒントとなる情報を持ち帰ることができるため,数人で訪問することが重要だそうです。訪問したクラブとの交流会で親睦を深めれば,すてきなアイデアも生まれ,自分たちのクラブに活気や潤いが出てくるとも話されていました。

 次に,具体的なクラブの活動の説明です。「どんぐりクラブ屋台村」を事例として,様々なイベント・教室などを写真でわかりやすく説明されていました。イベントに地域の人たちを巻き込むことが,総合型地域スポーツクラブがどういった活動をしているのかを理解してもらえる一番の宣伝場所だと言われていました。そうした取組も,クラブの理事が仕掛けていくと,おもしろいものが出来てくるということも説明されていました。

 最後に,自主運営に必要なものとして,「一人でやらない」,「できる範囲の活動で,無理をしない」,「情報を取り入れる」といった言葉で講義は終了しました。

 今回参加された方々からは,「とてもわかりやすかった」,「総合型地域スポーツクラブのことが理解できた」,「前向きに取り組んでいかないといけない」といった声が出ていました。地域の人たちと協力し,クラブをどんどん盛り上げていってほしいと思います。

みわスポーツクラブの詳細はこちらから

 

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。